小池栄子「大泉さんはパワーを吸い取とる」 大泉洋「それはお互い様」

テレビファン

2020/1/24 14:37


 映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の完成披露試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊と成島出監督が登場した。

本作は、優柔不断だがなぜかモテる田島(大泉)が、たくさんの愛人と別れるため、金にがめついパワフルなキヌ子(小池)と“偽夫婦”を演じたことから始まった騒動を描く。

「大泉と田島の共通点」を尋ねられた小池は「チャーミングさ。大泉さんを嫌いな人って私、聞いたことがない。人間としての豊かさがあって、どのシーンもいとおしい。これだったら女性もほれるな、と納得させられました」と褒めちぎった。

これを聞いた大泉は「割といいこと言いますね」と上機嫌だったが、取材などで小池が「大泉さんが“時々”ものすごくセクシーに見える」などと発言していることに触れ、「僕はずっとセクシーに、格好よく演じているつもりなんだけどな…」と明かして笑いを誘った。

また、タイトルにちなみ「グッドバイしたいもの」を聞かれた小池は「この映画のプロモーションで、大泉さんと幾つものバラエティーに出させてもらった。とっても楽しかったんですが、大泉さんとグッドバイした後に、すごく安らかな気持ちになるんです」と衝撃のコメント。

その理由については、「大泉さんと一緒だと力んじゃって、いつも以上に自分のエンジンがかかっちゃう。それぐらいパワーを吸い取る方なんだなって…」と明かした。

大泉は目を丸くしながら「それはお互い様。正直俺も、この人と出たいとは思ってませんから!」と反撃。小池が番組内でやたらと“むちゃ振り”してくることを挙げ、「俺もカロリーを使う。この前なんか、延々と物まねをさせられた。番組が始まって10分で、喉がかれましたから。俺、あんなに早くマイケル・ジャクソン、やったことないからな」とわめいて、会場を盛り上げた。

映画は2月14日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ