宮沢氷魚が考案、「ねぎし」での牛タンの食べ方が絶品すぎ!?

※画像は、フジテレビ公式Twitter より

 

1月21日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)に、俳優の宮沢氷魚がゲスト出演。20年間研究した結果「1番美味しい牛たんの食べ方」を披露し、絶品すぎるこの食べ方に千鳥の大悟とノブ、そして博多華丸・大吉らが大絶賛する展開となった。

 

宮沢氷魚流、美味しい牛たんの食べ方とは?

 

5歳の頃から「牛たん」にハマっているという宮沢。「定食屋で初めて食べたんですよ。牛たん定食。めちゃくちゃ美味しくて、そっから20年間、月に1回は行くようになりました」と語る。また、一番のお気に入りのお店は「赤坂見附にある牛たん屋さんなんですけども、なんとなんと“ねぎし”です」と紹介。

 

また「ねぎしの一番いいところはオープンキッチン。というのも味だけじゃなくて見て楽しめる。匂いも楽しめる。音も楽しめる」と力説し、オープンキッチン前の席は「絶対確保する」という。

 

そして、ねぎしでは「白たんうす切り」を注文すると言い、一番美味しい食べ方は「青唐辛子の味噌(味噌なんばん)を上にのっけまして、これを巻きます」と説明。続けて「このまんま食べるわけではないんです。もう1ステップ踏んでからお口に運ぶ」と言う宮沢。

 

何と宮沢は、その牛たんを一旦とろろに浸すのだと説明。これに大悟は「牛たんが大好きなんですよね?20年間牛たんが大好きな人の割には、牛たんを殺しにかかっとる」とツッコみ、ノブも「もう牛たんに飽きた人の食べ方やん」と煽った。

 

しかし宮沢は「ちゃんと段階があるんですよ。まずは牛たんにとろろをディップして、こういう風に楽しむ。その後なんですよ。3枚くらいディップすると。肉の脂とか旨味がどんどんとろろに染み込んでくるんですよ。それを麦飯にのっける」と説明した。

 

疑心暗鬼のMC陣だったが、いざ宮沢流の食べ方を試食してみると「うまい!うまい!」と大絶賛。大悟は「これは申し訳なかった」と宮沢に謝り、大吉は「ここまできたら“ねぎし”の正しい食べ方、ほんとはコレなんやない?」と褒めちぎっていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ