大泉洋、女優陣からモテモテ!?小池栄子「あなた、ご機嫌ね」とツッコミ

dwango.jp news

2020/1/23 23:09


太宰治の未完の遺作をもとに映画化した『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』(2月14日公開)の完成披露試写会が、本日都内で開催され、大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出監督が登壇。モテ男を演じた大泉が女優陣から役柄とのハマり度を褒められ、ニンマリ。小池から「あなた今日、ご機嫌ね」とツッコまれた。

ダメ男ながら、やたらと女性陣にモテてしまう男・田島を演じた大泉は「とはいえ、あまりモテるシーンはない」と成島監督に向かってさっそくぼやき節。大泉と田島の共通点を聞かれた小池は、「チャーミングさ。大泉洋さんを嫌いな人って、聞いたことがない。人間としての豊かさ、チャーミングさが役柄に注入されている。どのシーンを見ても、とても愛おしく感じる。これだったら女性が惚れてしまうなというのは納得です」とコメント。大泉は「わりといいこと言いますね。模範回答です」とうれしそうな笑顔を浮かべていた。

「大泉さんとは初めてご一緒した」という緒川は、「声の大きい方という印象を持っていた。でも田島を演じているときは、すごく小さな声。エレガントでセクシーで、ちょっと術にハマっちゃうなと思った。そういう側面も持ってらっしゃる」とニッコリ。大泉は「照れますねえ」と思わず微笑み、小池から「ご機嫌ね!ずっと褒められて!」と突っ込まれていた。

また映画のタイトルにちなみ、「グッドバイしたいこと」を聞かれた一同。小池は「大泉さんとバラエティ番組に出せていただくと、とても楽しいんだけど、大泉さんとグッドバイした後にすごく安らかな気持ちになる」と激白。「たぶん力んでしまって、いつも以上にエンジンをかけてしまう。家に帰ると『こんなに安らかな気持ちになるのか』と思う。パワーを吸い取られる」と続けると、大泉は「それはお互い様です」と応戦した。

大泉は「すごいんですよ!バラエティに出たときの“振り”が。カロリーを使っちゃう。この人と一緒にはあまり出たいと思わない。この間もとある番組で延々とモノマネをさせられて、始まって10分くらいで喉が枯れた。マイケル・ジャクソンをやらされた」と辟易としていたが、小池は「これ、“振り”だな。今日のお客さんのために、ショートバージョンで!お足元の悪い中、来てくださったんだから!」とステージ上でのマイケル・ジャクソンのモノマネを要求した。

会場の拍手に背中を押された大泉がモノマネを披露すると、報道陣からたくさんのシャッターが切られ、「写真、やめてもらっていいですか!厳しいわ!本当にイヤだ、お前とのキャンペーン。小池さんとグッドバイしたいです!」と声を上げ、会場の爆笑を誘っていた。



原作は、昭和の文豪・太宰治の未完の遺作を、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。観客を笑いと多幸感で包み込み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。なぜか周囲の女たちが好きになってしまう<ダメ男・田島周二>を大泉、ガサツで小汚いけれど実は美人な<パワフル女・永井キヌ子>を小池が演じ、劇中では嘘(にせ)夫婦となって騒動を巻き起こす。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ