『SYNCHRONICITY2020』ZAZEN BOYS、トクマルシューゴら第3弾&台湾ラインナップを発表

SPICE

2020/1/23 19:00


2020年4月3日(金)~4月5日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル『SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! -』の第3弾ラインナップと、『SYNCHRONICITY2020 in Taipei』の詳細が明らかとなった。

発表されたのは、4月4日(土)・5日(日)『SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! -』本祭で、ZAZEN BOYS、トクマルシューゴ、踊ってばかりの国、君島大空、Mega Shinnosuke、No Buses、 東郷清丸、んoon、SMTK、South Penguin、Minchanbaby、E.scene、all about paradise、illiomote、the McFaddin、SPENSR、ハレトキドキ、リョウコ2000、Hiro"Bingo"Watanabe、Limited Express (has gone?) 、DJ New Action!、及び、台湾から2019年に台湾グラミー賞と呼ばれる金曲奬でラッパーとして史上初となる最優秀男性歌手のタイトルを受賞したLeo王(from Taiwan)の22組。4月4日(土)の深夜に音楽メディア「Spincoaster」とのコラボレーションで行われる『SYNCHRONICITY2020 MIDNIGHT meets Spincoaster』では、SUKISHA & kiki vivi lily、TOKYO HEALTH CLUB、YonYon、hasの4組で、合計26組。第1弾~第3弾の発表で合計59組が決定している。今回の発表に合わせ、京都『ボロフェスタ』、新世代アーティストをラインナップする「New Action」、Shinjuku MARZ (Yasoshima)とのコラボステージも発表された。

また、台湾で初開催となる『SYNCHRONICITY2020 in Taipei』の詳細も発表。台湾では日本からJABBERLOOP、Last Electroに加え、台湾からJABBERLOOPのスペシャル・フィーチャリング・ゲストとして2019年に台湾グラミー賞「金曲奬」で最優秀男性歌手のタイトルを受賞したLeo王、そして台湾のバンド・Major In Body Bear 體熊專科が出演する。

なお、前売チケットは現在イープラス(スマチケ)、店頭(O-EAST)にて発売中。
SYNCHRONICITY2020 in Taipei
SYNCHRONICITY2020 in Taipei

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ