世界観が素敵なジブリ映画ランキング

gooランキング

2020/1/23 11:30

大人から子どもまでファンが多いスタジオジブリの作品。最大の魅力は、ファンタジックなのにどこか懐かしさを感じる世界観。緻密に作り込まれた世界観に最も魅力を感じるという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ジブリ映画の中でも特に世界観が素敵だと思う作品についてアンケート、ランキングにしてみました。

1位 千と千尋の神隠し
2位 天空の城ラピュタ
3位 ハウルの動く城
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『千と千尋の神隠し』!
1位に選ばれた『千と千尋の神隠し』は、両親と共に異界へ迷い込んだ少女・千尋がさまざまな異界の住人と出会い、成長を遂げていく姿が生き生きと描かれている作品です。どこかユーモラスな神々のたたずまいや、次々と出てくるおいしそうな「ジブリ飯」の数々。そして各地の温泉宿をモデルにしたという美しい湯屋のデザイン。作品の魅力を挙げればきりがありませんが、観客の心を捉えたのは「ここではないどこか」でありながら身近に感じるオリエンタルな世界観なのかもしれませんね。

2位は『天空の城ラピュタ』!
2位には、スタジオジブリ設立後初の作品として1986年に公開され、30年以上も多くの人に愛されてきた『天空の城ラピュタ』が続きました。空から降ってきた謎多き少女シータと機械工の少年パズーが、絶大な力を秘めた飛行石と天空に浮かぶ帝国「ラピュタ」を巡って冒険を繰り広げる本作。宮崎駿監督が得意とするボーイ・ミーツ・ガールのお手本ともいうべきストーリーが魅力的なのはもちろんですが、ウェールズをモデルにしたと言われる美しい石造りの町並みや蒸気機関で動作する乗り物、本来はその時代に存在しない未知のテクノロジーなど、いわゆるスチームパンク(19~20世紀ごろのイギリスをモデルとするSFジャンル)作品の特徴を備えた世界観もまた大きな魅力の一つと言えるでしょう。

3位は『ハウルの動く城』!
1986年に刊行されたダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』。呪いによって老婆の姿となった少女と人を愛せない魔法使いの恋愛模様を描いたこの小説を原作とする『ハウルの動く城』が3位に選ばれました。公開当時は宮崎駿監督としては珍しい恋愛を軸にした作品であることが話題になりましたが、同時に魔法と蒸気機関を融合させた魅力的な世界観も高く評価されました。特に魔法使いハウルが暮らす「動く城」のデザインは世界的に注目を集め、フランスでは宮崎監督を「現代のピカソ」とたたえる新聞もあったのだとか。

人気という点では、4位以下の『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』も十分に高いと思われますが、票数では上位3作品が圧倒的な強さを見せる結果となりました。気になる4位~23位のランキング結果もぜひご覧ください。

日常とかけ離れた世界で繰り広げられる物語というのは、見る側にとってひときわ魅力的に映るのかもしれません。みなさんは、どの作品の世界観が一番好きですか?

※スタジオジブリ設立前の公開作品のため『風の谷のナウシカ』は除外

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,729票
調査期間:2019年9月23日~2019年10月07日

当記事はgooランキングの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ