大泉洋『騙し絵の牙』、佐藤浩市らクセ者ばかりの本編映像初公開

クランクイン!

2020/1/23 07:00

 俳優・大泉洋が主演を務める映画『騙し絵の牙』より、本編映像初解禁となる特報が公開された。佐藤浩市、國村隼ら豪華キャストが扮する“クセモノ”たちが繰り広げる、仁義なき騙し合いバトルを予感させる映像となっている。

作家・塩田武士の同名小説を映画化する本作は、斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。監督は吉田大八。

主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡茉優、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤浩市が、それぞれ演じる。

大手出版社「薫風社」では、かねてからの出版不況に加え、創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。だが、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。うそ、裏切り、リーク、告発。くせ者ぞろいの上層部や作家、同僚たちの陰謀が渦巻く中、速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは。

特報は、大泉洋、松岡、佐藤のほか、先日追加キャストとして発表された、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼ら豪華俳優陣の姿が次々と映し出されていく、重厚感漂う映像。

廃刊の危機が迫る編集部で、速水(大泉)が雑誌を立て直そうと奮闘する姿が映し出される一方、超大御所作家・二階堂大作(國村)の「戦争だな」、改革派の専務・東松(佐藤)の「狸黙らせろよ」と不穏な雰囲気漂うセリフも収められ、さまざまな陰謀が渦巻く様子が伺える。最後は、「人をだまして、そんなにおもしろいですか?」と問う高野(松岡)に対し、速水が不適な笑みを浮かべながら「めちゃくちゃおもしろいです」と答える場面で幕を閉じる。

また今回の特報と合わせて、一癖も二癖もありそうな表情を浮かべる速水を捉えた場面写真も初解禁された。周囲には資料が乱雑に積まれたデスクや、使い込まれた様子のホワイトボードなどが写っており、リアルな編集部の空気感が伝わってくる場面写真となっている。

映画『騙し絵の牙』は6月19日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ