I just am Issue : Nanaco Sato & Jan Urila Sas feat. writtenafterwards

NeoL

































photography Yudai Kusanostyle Reina Ogawahair Chika Uenomake-up Yosuke Toyodaedit Ryoko Kuwahara

Nanaco Sato歌手・写真家1977年 佐野元春氏との共作アルバム『ファニー・ウォーキン』でデビュー。4枚のソロアルバム他をリリース。1980年以降、カメラマンとなり、広告、雑誌などで活躍し、5年間パリで暮らす。1996年 アルバム『Love is a drug』をイギリス、アメリカ、日本でリリース。タイトル曲のシングルは、日本人アーティストではじめて、NMEの"single of the week" に選ばれる。1998年 イギリスBella Unionより、Simon Raymondeプロデュースによるアルバム『Luminous love in 23』をリリース。2000年 R.E.Mを手がけたMark Binghamのプロデュースにより『sisters on the riverbed』をリリース。2013年 カメラ=万年筆とのコラボレーション・アルバム『old angel』(diskunion)リリース2016年 前田司郎監督の映画「ふきげんな過去」の主題歌を歌唱+作詞。近年はライブ活動も行なうようになり、さまざまなミュージシャンとのセッションやライブツアーも行なっている。写真家としては、広告、雑誌、またCoccoや細野晴臣といったミュージシャンのCDジャケットなどの撮影を多数手がけている。ピチカート・ファイヴに楽曲提供した「Twiggy Twiggy」は世界的なヒットとなった。https://www.instagram.com/nanacosato/

Jan Urila Sas1990年パリで生まれ、東京育ち。2008年から音楽キャリアをスタート。Naomiと共に jan and naomiとして2013年より活動。2014年に"jan, naomi are"をリリース。GREAT3,The Silence(ex. the Ghost)といったベテランミュージシャン達とのセッションを積みながら、独自の世界感とセンスで、音楽にとどまらないアートの世界で存在感を表している。jan and naomiとして2018年4月に『Fracture』をAvex/cutting edgeからリリース。2019年は映画「来る」(中島哲也監督)では楽曲がフィーチャーされ、3月には初の中国ツアーを成功、6月にFFKT 2019に出演。 というミュージック・スタイルを確立。https://www.instagram.com/janurilasas/https://www.instagram.com/janandnaomi/


Nanaco : Dress, Wide Pants - written afterwards / Top - stylist's ownJan : Puff Sleeve Jacket, Pants - written afterwards / Turtle neck - stylist's own


Nanaco : Knit Dress - written afterwards


Jan : Shirt, Wide Pants - written afterwards


Jan : Jacket, Skirt - written afterwards / Knit - stylist's own


Nanaco : Bib, Shirt, Skirt - written afterwards

http://www.writtenafterwards.com/home

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ