パンプスでも足先までポカポカ、最強なかじき&極上靴下

女子SPA!

2020/1/22 15:45

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。寒い真冬に徹底しておきたいのが防寒対策ですよね。とくに足先の冷えはなんとかしたいもの。

しかし、暖かさ抜群なムートンブーツなどは元々の足が細くないとどうも見てくれが野暮ったくなりがち……。そこで冷え性さんに、暖かさとオシャレさを兼ね備える靴コーデのポイントをご紹介します。

◆ムートンインソールを仕込む

ムートンブーツは暖かいけれど野暮ったく見えてチャレンジしにくい……そんな時こそ、ぜひ手にしていただきたいのが「ムートンインソール」です。お手持ちのパンプスやブーツの中じきをムートン地のインソールに変えるだけで驚くほど足先がポカポカな状態に!

いつものスニーカーにムートンインソールなら冷たい冬風が吹いても足元がしっかり暖かいので大丈夫。できたらパンツスタイルで地厚なウールソックスを履いて下半身をしっかりガードすると良いでしょう。

◆冷えとり靴下でスキマ風を断絶!

足先の深刻な冷えにぜひ一度試していただきたいのが「冷えとり靴下」。基本は絹と綿の靴下を交互に、絹→綿→絹→綿と4枚重ねばきします。

今回おすすめしたいのは絹の5本指ソックスと、その上に綿の靴下を1枚重ねばきするだけ。これだけでも地面からくる底冷えとスキマ風を断絶してくれます。

冷えとり靴下専用のソックスを使用すれば、余計なムレも窮屈さも感じることなくポカポカ状態を維持できちゃいます! 靴下の重ねばきは動きにくそう、締めつけで血行不良になりそうと心配はご無用です。

ゆったりしたチノパンをくるぶし丈までロールアップし、冷えとり靴下を少しチラ見えさせたナチュラルコーデも素敵ですね。寒さは足元からくるのでとにかく下半身をしっかり温めることが大切です。

◆トップスは薄手インナーを重ね着

足の冷えをカバーするには、タイツや靴下の重ねばき、あるいは温感サポーターを忍ばせると良いです。そのためどうしてもボトムはボディラインが響きにくいワイドパンツや、ロングスカートが多くなりがち。

なので、その対比としてトップスはできるだけシンプルなデザインでボディにフィット感のあるアイテムを選んでください。アウター・トップス・ボトムとどこを取っても全身もこもこのダルダルでは着太りしてしまうので要注意です。

その代わりトップスは薄手の温感インナーを重ね着するなどで対策をすると良いでしょう。ぜひこれらを参考にバランスよくコーディネートしてみてくださいね。

<文&イラスト/角 佑宇子>

【角 佑宇子】

(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ