シメにラーメンを食べたい!飲み会で太らない食生活でのポイント

美Lab.

2020/1/22 00:00

ラーメン
ダイエット中なのに飲み会に誘われ、シメのラーメンまでしっかり食べて大後悔した経験がある方。今回は、シメにラーメンを食べるために、外食先で食べておきたい食材や、翌日のリセット術など、飲み会で太らないための食生活でのポイントについてご紹介していきます。

◆シメにラーメンを食べたい!
居酒屋とラーメンのちょうちん
飲み会中にチャーハンやパスタ、焼きそばなど糖質たっぷりのメニューをたっぷり食べて、シメにラーメンを食べる。そんな食べ方では、翌日のリセットでは取り戻せないほどのカロリーを摂取してしまいます。シメにラーメンを食べる可能性があるのなら、飲み会中の食事は一工夫しましょう。ごはんやパン、麺類などの糖質の豊富なものはなるべく食べないようにし、次のような料理を食べるようにした方がよいです。
関連記事
食べ過ぎ防止!外食の際に意識してほしい食事の4つのルール

◆枝豆
枝豆には、糖や脂肪を燃焼させるはたらきのあるビタミンB群が豊富で、必ずと言っていいほど居酒屋さんにあるメニューです。エネルギーを消費する筋肉や肌の主な原料であるたんぱく質も豊富にあります。
◆野菜や海藻・きのこ料理
暴飲暴食をすると内臓が疲弊し、消化・吸収のはたらきや代謝が低下します。そのため、消化・吸収をサポートするビタミン・ミネラルが豊富な野菜や腸内環境を整える食物繊維が豊富な、海藻・きのこ類を積極的に取り入れましょう。これらの食品は低カロリーなため、油であげたり炒めたり、ドレッシングを大量にかけたりしなければたくさん食べても太りにくいです。
◆味噌汁・スープ
野菜や海藻、きのこ類を手軽に取れるだけでなく、水分もたっぷり取り入れることができるので、お酒の飲み過ぎを防ぐのに役立ちます。ゆっくり汁物を楽しむことで、おつまみの食べ過ぎを防ぎましょう。
◆シメのラーメンの食べ方
ラーメンを食べる女性
飲み会中の食事に気をつければ、どれだけラーメンを食べても大丈夫ということはありません。より低カロリーに抑えるならば、あっさりとした味付けの醤油や塩ラーメンにしましょう。トッピングには、もやしやわかめ、チャーシューをプラスするのがおすすめ。その分面を半玉にできれば、より太りにくくなります。

とはいえ、お酒に含まれるアルコールを分解するには、糖質と水分が不可欠です。最後まで糖質を制限しすぎると肝臓が疲弊し代謝の低下を招きかねないので、飲み会中の糖質を制限できている場合は気にせず食べてもよいでしょう。ラーメンのスープは塩分が多いため、全て飲むのはNGです。水をしっかりの飲んで、スープは最低限に押さえましょう。
◆シメにラーメンを食べた翌日の過ごし方
味噌汁
夜中にラーメンを食べてそのまますぐに寝てしまった場合は、翌日の食事も気をつける必要があります。朝、食欲がわかない場合は「わかめの味噌汁」がおすすめです。食物繊維が豊富なため、食べたものを溜め込まず便として排出しやすくしてくれます。少し食欲がある場合は、リンゴやミカンなど、ビタミンやミネラル、食物繊維の豊富な果物を、リンゴ1個分程度の分量を目安に食べましょう。

お昼には、ご飯を雑穀米にして1膳の7割程度に抑えた和食がおすすめです。栄養バランスを整えることで代謝を高め、エネルギーを消費しやすい状態にしましょう。夜も同様に和食をチョイスし、ご飯は7割程度にとどめます。胃腸の調子が悪い場合は、弱った胃を修復してくれるビタミンUが豊富な「キャベツ」をたっぷり取り入れてください。
◆飲み会のシメにラーメンを食べるように工夫をしよう

せっかくの楽しい飲み会が「太ったらどうしよう」と不安にかられて楽しくなくなってしまうと、ストレスが溜まってより太りやすくなります。たっぷり楽しむ代わりに食事を工夫する構えでいると、心も体も軽くなってきます。月に1度程度なら、羽目を外してもOK。翌日の食事でリセットし、ボディラインを維持しましょう。
Photo by fotolia

当記事は美Lab.の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ