『10の秘密』SixTONES・松村北斗、ミステリアスさに反響「闇を感じる」

クランクイン!

2020/1/22 06:00

 俳優の向井理が主演を務めるドラマ『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第2話が21日に放送され、ピアニスト・伊達翼役の松村北斗のミステリアスな演技に「闇を感じる」といった声が上がったほか、ピアノを弾く姿が「妖艶すぎる」などと反響を呼んでいる。

本作は、シングルファーザー・白河圭太(向井)の愛する娘・瞳(山田杏奈)が何者かに誘拐されたことから、さまざまな登場人物たちの「秘密」が複雑に絡み合い、次々に事件が巻き起こっていく本格サスペンス。

娘を誘拐した犯人から元妻の仙台由貴子(仲間由紀恵)を探すように脅されている圭太。ようやく連絡が取れた由貴子は、全て自分に任せてほしいと圭太を諭す。電話で話す2人だが、圭太の目線の先には由貴子の姿が。由貴子がただならぬ事態に巻き込まれていると察知した圭太は、「何から逃げてる?」「10年前のあの秘密と関係があるのか?」と問いただす。次の瞬間、同じく由貴子を探している竜二(渡部篤郎)が現れ、由貴子は逃げ出す。

そんな中、圭太の幼なじみ・菜七子(仲里依紗)の元に瞳の友達・真衣(河村花)が来て、「瞳はたぶん翼さんと一緒だと思う」と告げる。菜七子から話を聞いた圭太は「俺が翼って奴を探す」と、瞳が以前一人でいたという六本木の街で聞き込みを開始。あるジャズバーに行きついた圭太は、店でピアノを弾く翼を見つけ、にらみつける。店外で圭太が話しかけると、翼は突然走って逃げだしてしまう…。

視聴者からの反響が大きかったのが、翼役の松村のピアノを弾く姿やミステリアスな演技について。「お前だろ、瞳を誘拐したのは」と迫る圭太に、翼は身の潔白を証明するため、自宅の中に圭太を招き入れる。「娘のことは何でも知ってる」と話す圭太に、翼は圭太の知らない瞳の本音について話し始める。瞳がバイオリンをやめたがっていた理由や、圭太に対して「期待通りの子でいたい」などの気持ちを抱いていることを知り、ショックを受ける圭太。そんな圭太に、翼は「娘のことを何でも知ってるって言うこと自体、何にも知らないってことだよな」と冷たく言い放つのだった…。

松村の表情や演技についてネット上では、「闇を抱えてる感じ堪らないねぇ…」「ピアノを弾く姿の妖艶さと言ったら…」「表情だけの演技すごい」などの声が相次いでいる。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ