獺祭尽くしの『東京獺祭の会2020』【ウェスティンホテル東京】で開催!

IGNITE

2020/1/21 17:00


山口県の旭酒造で造られる「獺祭」。酔うため、売るための酒ではなく、品質にこだわり、おいしさを味わう酒を目指してできた銘酒だ。

ウェスティンホテル東京では2月10日と11日の二日間、獺祭の造り手との交流が楽しめる「獺祭の会」を開催。会場内のブースでは10種類以上の獺祭を提供する。



■造り手との交流も楽しめる

獺祭を造っている製造部のメンバーも岩国から参加するので、酒造りについて疑問があれば、積極的に質問を。造り手たちにとっても、飲み手との会話や造った酒を楽しんでもらえる貴重な機会でもある。

二日間とも着席形式。沼尻総料理長がこの日のために考えた、獺祭に合うコース料理が堪能できる。



■申込方法

申し込み先:旭酒造

申込必要事項:代表者の氏名(読み方)と参加人数、連絡先

オンラインの場合は、予約サイト「Passmarket」にて申し込む。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n1zc10qe6zq.html

電話での申込みの場合は、住所あてに送付される振込用紙にて会費を振り込むことで申し込みが完了。電話の受付時間は10時から17時。

※チケットは発券しないので、当日受付で代表者の氏名を告げて入場。一度に申し込みできる人数は10名まで。キャンセル・払い戻しは不可。未成年者の申込不可。



ブースを回って、獺祭の飲み比べや料理とのペアリングをゆっくりと楽しんで。

旭酒造:https://www.asahishuzo.ne.jp/index.php

■東京獺祭の会2020

日時:2020年2月10日(月)19:00~21:00 / 2月11日(火曜祝日)15:00~17:00

場所:ウェスティンホテル東京 地下二階「ギャラクシーボールルーム」

(東京都目黒区三田1-4-1 恵比寿ガーデンプレイス内)

形式:両日ともに着席

会費:8,000円(税込・前金制)

定員:両日ともに450名

(MOCA.O)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ