ごはんのおとも東西決戦 7千食で人気投票 in「二子玉川らいす」

OVO



ふりかけ、おかず味噌、それともラー油系? あったかいご飯のお供は数知れず。旅先で知らなかった瓶詰を買ってくる、ということも多く、全国津々浦々、多種多様のお供が存在する。そんな日本各地の“ごはんをおいしくする食材”が集結するフードフェス、「二子玉川らいす2020」(イッツ・コミュニケーションズ・東京)が2月8・9日、東京の二子玉川ライズで開催される。

テーマは「ごはんのおとも東西決戦」。東日本と西日本の代表“おとも”を来場者が人気投票で決める。農林水産省のアワードでトップ10に入った産品など20種類が出品され、会場内で炊き上げる7千食分(無料提供)のごはんとともに来場者が試食して投票。ご飯は、陸前高田市の「たかたのゆめ」。つややかな見た目とすっきりとした甘味、もっちりとした粘り気のある食感が特長の陸前高田市のオリジナルブランド米だ。入場無料。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ