【東海】2020年「人気温泉地」ランキングTOP10!地元民が選ぶ人気温泉はココ!

じゃらんnews

2020/1/20 11:00


オーシャンスパ Fuua

じゃらん人気温泉地ランキング2020発表!

東海在住者が選ぶ、人気温泉地のNo.1は今年も「下呂温泉」!
人気の理由は「泉質の良さ」。美容液のような無色透明の湯は、老若男女すべての支持されています。
2位に選ばれたのは、同じく岐阜県にある「奥飛騨温泉郷」。
標高3000メートル級の北アルプスに囲まれた奥飛騨温泉卿は、ダイナミックな絶景がそこかしこに!季節を変えて何度も訪れる人が多いです。
その他、3位の「熱海温泉」、4位の「加賀温泉郷」など、上位に入った温泉地の魅力もご紹介!

人気温泉地の魅力を知って、是非その良さを体験しに訪れてみてください。

記事配信:じゃらんニュース
目次

人気温泉地ランキングベスト10
1位.下呂温泉<岐阜県>
2位.奥飛騨温泉郷<岐阜県>
3位.熱海温泉<静岡県>
4位.加賀温泉郷<石川県>
5位.和倉温泉<石川県>
6位.白骨温泉<長野県>
7位.飛騨高山温泉<岐阜県>
8位.昼神温泉<長野県>
9位.志摩の温泉(志摩温泉郷)<三重県>
9位.あわら温泉<福井県>


ランキングベスト10はこちら!

2020年の東海エリア在住者が選ぶ人気温泉地ランキングはこのような順位となりました。
お気に入りの温泉地はランクインされましたか?是非、チェックしてみてください。

人気温泉地ランキング

◉調査期間/2019年8月22日(木)~8月30日(金)
◉調査対象/「じゃらんnet 」会員
◉調査方法/インターネット上でのアンケートを実施
◉有効回答数/1361人
◉対象温泉地/計327の温泉地を選択肢として設定(うち、東海エリアの対象温泉地として、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県・石川県・富山県・福井県の計80の温泉地を設定)
◉質問事項/「もう一度行ってみたい温泉地」「今後一度は行ってみたいと思う憧れの温泉地」と「その理由」

※記事で紹介しているクチコミの内容は、アンケート回答と「じゃらんnet」の観光ガイドに過去2年以内に投稿されたものから抜粋
※一部クチコミは観光ガイドにて全文をご覧になれます

それでは、ランキングインした温泉地の紹介をしていきます。


1位. 下呂温泉【岐阜県下呂市】

今年も1位に輝いた「下呂温泉」。下呂温泉と言えば、草津や有馬と並ぶ日本三名泉の1つで、やわらかな湯が特徴。湯めぐり人気はもちろん、近年、温泉街に新しいお店が増え、街歩きの楽しさも倍増しています。
噴泉池

下呂温泉

飛騨川の河川敷にあり、下呂温泉のシンボル的な存在。遮るものが何もないので、開放感がハンパない!全身で利用の際は、水着の着用が義務付けられています。足湯だけでの利用もOKです。
■下呂温泉
[問合せ]0576-25-4711(下呂市総合観光案内所)
[泉質]アルカリ性単純温泉
「下呂温泉」の詳細はこちら
下呂プリン
下呂プリンメロンソーダ(右)や季節限定味(中/撮影時はモンブラン)、まろやか(左)など種類豊富
湯上がりに食べたい、レトロかわいい名物プリン。
下呂牛乳やマダガスカル産の天然バニラビーンズなど、素材にこだわったプリンを店内の工房で手づくり。湯船をイメージしたという、昔懐かしいイートインスペースも話題に。
■下呂プリン
[TEL]0576-74-1771
[住所]岐阜県下呂市湯之島545-1
[営業時間]10時~17時(LO16時45分)
[定休日]水、その他不定休あり
「下呂プリン」の詳細はこちら
湯めぐり手形 1枚1300円

湯めぐり手形

下呂温泉の湯を複数楽しみたいなら、断然お得。22の加盟施設の中から、好きな3カ所を選んで巡ることができます。手形の有効期限は半年あるので、リピートして制覇するのもおすすめです。
下呂発温泉博物館
下呂発温泉博物館歩行浴が楽しめる、小石が敷かれた足湯下呂発温泉博物館全国各地の温泉の泉質や効能などが学べます下呂発温泉博物館ご当地の温泉タオルがズラリ。展示も面白い
全国でも珍しい温泉専門の博物館。5つのゾーンからなる館内には、資料の展示だけでなく、湯の華に触れたり、実際に温泉の塩分やpHを調べられる体験コーナーもあります。足湯や歩行浴も備わっています。
■下呂発温泉博物館
[TEL]0576-25-3400
[住所]岐阜県下呂市湯之島543-2
[営業時間]9時~17時(最終入館16時30分)
[定休日]木(祝日の場合は翌日休)
[料金]中学生以上400円、小学生200円
「下呂発温泉博物館」の詳細はこちら
森のこみち
森のこみち【左】アートパフェ(500円)は肉球とねこの柄が選べる。いちご味はゼリー入り【中】バニラ味はパステルボールの食感がナイス【右】西尾産を使った抹茶味
2019年8月にオープン。ジェラートを使った新感覚の「アートパフェ」は、飛騨牛乳を100%使用しており、スッキリとした味わいです。店内には某映画のワンシーンを再現したフォトスポットも。
■森のこみち
[TEL]0576-25-2521
[住所]岐阜県下呂市湯之島578-1
[営業時間]9時~18時
[定休日]木
「森のこみち」の詳細はこちら
湯島庵

湯島庵

飛騨牛を贅沢に使ったあぶり寿司が味わえます。一番人気は、飛騨牛の赤身、霜降り、飛騨納豆喰豚(ひだなっとくとん)のあぶり握りがセットになった「珠玉の三種盛り(900円)」。口全体に広がる肉の甘さがたまらない!
■湯島庵
[TEL]0576-25-6226
[住所]岐阜県下呂市湯之島845
[営業時間]10時~17時(LO16時45分)
[定休日]水、その他不定休あり※飛騨牛あぶり寿司が無くなり次第終了
「湯島庵」の詳細はこちら
下呂温泉合掌村

下呂温泉合掌村

白川郷などから移築した合掌造りの民家で集落を再現。5月までは「和服姿de散策」イベントを実施(レンタル着物3時間/女性3500円)。村内はもちろん、温泉街へ出ての散策もできます。
■下呂温泉合掌村
[TEL]0576-25-2239
[住所]岐阜県下呂市森2369
[営業時間]8時30分~17時(最終入場16時30分)
[定休日]なし※一部施設、臨時休あり
[料金]高校生以上800円、小中学生400円
「下呂温泉合掌村」の詳細はこちら
温泉街の足湯

雅の足湯

温泉街には無料の足湯が9カ所も!24時間利用可能な場所も多いので、散策の途中や電車の待ち時間など、気軽に利用してみて。写真は「雅の足湯」。どこか哀愁漂うカエルが可愛いすぎます。


2位. 奥飛騨温泉郷【岐阜県高山市】

平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高の5つの温泉地からなる温泉郷。それぞれの温泉地が独特な趣を持ち、好みの温泉地を見つけるのも楽しみのひとつです。北アルプスをはじめとする大自然も、迫力満点です!
■奥飛騨温泉郷
[問合せ]0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)
[泉質]単純温泉・炭酸水素塩泉・硫黄泉ほか
「奥飛騨温泉郷」の詳細はこちら
神宝乃湯[新穂高温泉]

神宝乃湯

新穂高ロープウェイ・しらかば平駅前にある新穂高ビジターセンター「山楽館」に併設。かけ流しの湯が贅沢!
■神宝乃湯
[TEL]0578-89-2254(新穂高ビジターセンター)
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂上鍋谷711
[営業時間]9時30分~15時30分(最終受付15時)※季節変動あり
[定休日]新穂高ロープウェイ運休日
[料金]大人600円、子ども400円
「神宝乃湯」の詳細はこちら
昔ばなしの里 石動の湯[福地温泉]

昔ばなしの里 石動の湯

福地温泉唯一の共同浴場。木造の内風呂は、2方向の大きなガラス窓から陽光が入り、露天風呂のような明るさと開放感。冬は露天風呂が閉鎖されるので注意です。
■昔ばなしの里 石動の湯
[TEL]0578-89-2793(昔ばなしの里)
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地110
[営業時間]12時~16時
[定休日]水、その他不定休あり
[料金]大人・子ども300円
「昔ばなしの里 石動の湯」の詳細はこちら
平湯の湯[平湯温泉]

平湯の湯

岩造りの露天風呂は15人ほどが一度に入れる大きさです。薄い緑褐色の湯が特徴で、自然に囲まれているため森の中にいるような気分になります。大きな木桶の足湯もあります。
■平湯の湯
[TEL]0578-89-3339
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯29
[営業時間]8時~19時(冬季)
[定休日]不定
[料金]寸志(300円程度)
「平湯の湯」の詳細はこちら
奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋[新平湯温泉]

奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋

奥飛騨で唯一冷泉を持っており、あつ湯とぬる湯の交互入浴ができる希少な宿です。入浴後はカルシウムたっぷりの奥飛騨の天然水「山椒水」での水分補給をおすすめします。
■奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋
[TEL]0578-89-2714
[住所]岐阜県高山市奧飛騨温泉郷一重ヶ根1757-1
[営業時間]10時~17時
[定休日]不定
[料金]中学生以上500円
「奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋」の詳細はこちら
荒神の湯[栃尾温泉]

荒神の

蒲田川の河川敷に位置しています。奥飛騨の雄大な自然を眺めながらの湯浴みは最高に気持ちがいいです。栃尾温泉のイルミネーションを見学した後に立ち寄るのもおすすめです。
■荒神の湯
[TEL]0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾
[営業時間]8時~22時(月・水・金は12時~)
[定休日]なし
[料金]寸志(200円程度)
「荒神の湯」の詳細はこちら
平湯大滝

平湯大滝

落差64m、幅6mの滝で、日本の滝100選にも選定されています。冬は寒さで大迫力の氷瀑に変化します。2月にはその姿をライトアップする「平湯大滝結氷まつり」を開催します。
■平湯大滝
[TEL]0578-89-3030(平湯温泉観光案内所)
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
[営業時間]見学自由
「平湯大滝」の詳細はこちら
新穂高ロープウェイ

新穂高ロープウェイ

標高2156mの山頂展望台は、目の前に西穂高岳や槍ヶ岳、笠ヶ岳などの北アルプスが広がる大パノラマの世界。ロープウェイから見下ろす景色にも感動します。
■新穂高ロープウェイ
[TEL]0578-89-2252
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂710-79
[営業時間]新穂高温泉始発9時~終発15時30分(季節変動あり)
[定休日]荒天時、点検・整備時(2020年5月27日~7月14日はリニューアル工事のため運休)
[料金]【新穂高温泉~西穂高口】往復大人2900円、小学生1450円
「新穂高ロープウェイ」の詳細はこちら
北アルプス大橋

北アルプス大橋

新穂高温泉にある中尾高原と鍋平園地を結ぶ、高さ70m、全長150mのアーチ橋。錫杖岳や笠ヶ岳が見渡せるダイナミックな風景は、ドライバーにも人気です。
■北アルプス大橋
[TEL]0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾
[営業時間]見学自由
「北アルプス大橋」の詳細はこちら
奥飛騨湯けむり達人
奥飛騨湯けむり達人1枚1200円
5つの温泉地共通の湯めぐり手形です。裏面の入浴シールを使って14の加盟施設の中から好きな湯船へ!施設によりシールの必要枚数や利用時間が異なるので事前に確認が必要です。
■奥飛騨湯けむり達人
[TEL]0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)
「奥飛騨湯けむり達人」の詳細はこちら


3位. 熱海温泉【静岡県熱海市】

江戸時代には徳川家御用達の名湯として、明治以降は多くの文人墨客に愛された温泉地。昭和レトロな雰囲気の駅前やリゾート気分を味わえる海沿いなど、エリアによって雰囲気がガラリと変わります。
■熱海温泉
[問合せ]0557-85-2222(熱海市観光協会)
[泉質]アルカリ性単純温泉
「熱海温泉」の詳細はこちら
オーシャンスパ Fuua

オーシャンスパ Fuua

海に浮かぶような露天立ち湯。日頃の疲れもリセットされそう。
目の前に広がるのは水平線まで続く相模灘の絶景。日本最大級の露天立ち湯に浸かれば、まるで海に浮かんでいるような感覚になります。多彩なラウンジやカフェ、岩盤浴も充実。新感覚のロウリュも話題です。
オーシャンスパ Fuua温かい芝の上でのんびり過ごせる「温談浴」。友人とのおしゃべりも弾みますオーシャンスパ Fuua趣向の異なる8種の休憩エリアには、ソファや寝ころべるマットを用意 ■オーシャンスパ Fuua
[TEL]0557-82-0123
[住所]静岡県熱海市和田浜南町10-1
[営業時間]10時~23時(最終入館22時)
[定休日]不定
[料金]中学生以上2750円、4歳以上1980円(土日祝・特定日は中学生以上330円、4歳以上220円増)※別途150円の入湯税が必要
※17時以降割引あり
※3歳以下の子どもは入館不可
※4歳~小学生の子どもは同性の保護者同伴が必要
「オーシャンスパ Fuua」の詳細はこちら
ドライブイン 熱海プリン食堂
ドライブイン 熱海プリン食堂パンケーキプレーン~メープルホイップバター~700円
思わず写真を撮りたくなるスイーツが目白押し!
地元で人気の「熱海プリン」の4号店が誕生。ふわっふわのパンケーキをはじめ、ジャンボ皿プリン、盛り付けが美しいオムライスなど、ここでしか味わえないメニューが盛りだくさんです!
ドライブイン 熱海プリン食堂卵のやさしい味にほっこりする、プリン味のソフトクリーム(450円)ドライブイン 熱海プリン食堂定番の熱海プリンから抹茶の上品な苦みとコクのあるプリンまで、種類が豊富 ■ドライブイン 熱海プリン食堂
[TEL]0557-67-5533
[住所]静岡県熱海市上多賀10-1
[営業時間]10時~18時(LO17時30分)
[定休日]水
「ドライブイン 熱海プリン食堂」の詳細はこちら
HOTEL MICURAS
HOTEL MICURAS遠くには初島、天気のいい日は伊豆大島まで望めますHOTEL MICURAS女性用浴場は、露天風呂と内湯、スチームサウナが揃いますHOTEL MICURAS湯上りにゆったりと寛げる女性専用のラウンジもあります
大展望露天風呂は相模湾を一望できる圧巻のオーシャビュー。開放感も抜群で、ライトアップされたサンビーチと月明かりが神秘的な夜の景色もおすすめです。
■HOTEL MICURAS
[TEL]0557-86-1111
[住所]静岡県熱海市東海岸町3-19
[営業時間]【日帰り入浴】14時~19時(最終受付18時)
[定休日]不定
[料金]中学生以上2500円、小学生1000円
「HOTEL MICURAS」の詳細はこちら
熱海温泉 福島屋旅館

熱海温泉 福島屋旅館

温泉マニアの聖地として知られる貴重な宿。昭和レトロな建物内にある浴場は内湯のみですが、湯は100%かけ流しです。料金もリーズナブル!
■熱海温泉 福島屋旅館
[TEL]0557-81-2105
[住所]静岡県熱海市銀座町14-24
[営業時間]11時~20時30分
[定休日]不定
[料金]中学生以上450円、小学生200円、乳児・幼児100円
熱海七湯 大湯間歇泉

熱海七湯 大湯間歇泉

駅前商店街から徒歩15分ほどにある人工の間欠泉で、熱海のシンボル的存在。4分ごとに3分間湯を噴出します。かつては世界でも有名な自噴泉であったといわれています。
■熱海七湯 大湯間歇泉
[TEL]0557-86-6231(熱海市生涯学習課文化施設室)
[住所]熱海市上宿町3
[営業時間]見学自由
「熱海七湯 大湯間歇泉」の詳細はこちら
いちご BonBonBERRY ATAMI HOUSE.

いちご BonBonBERRY ATAMI HOUSE.

温泉まんじゅういちご串 480円
老舗の温泉まんじゅう店とコラボ。こしあんとつぶあんが選べます。

いちご BonBonBERRY ATAMI HOUSE.

食べ歩きボンボンいちご600円
ぷちシューとフレッシュいちごの組み合わせがナイスです!

ビル1棟をフルリノベした店内には旬のいちごを使ったスイーツが大集合。食べ歩きスイーツやお土産の販売は1階です。イートインスペースもあります。
■いちご BonBonBERRY ATAMI HOUSE.
[TEL]0557-55-9550
[住所]静岡県熱海市田原本町3-16
[営業時間]10時~18時
[定休日]なし
「いちご BonBonBERRY ATAMI HOUSE.」の詳細はこちら
Maison Papillon

Maison Papillon

杏仁豆富400円
舌ざわり滑らかで、スッキリとした甘さ。レモン汁はお好みで。

Maison Papillon

紅茶ゼリー500円
新鮮なフルーツをふんだんに盛りつけです。紅茶の香りもふんわり。

「杏仁豆富」と「ゼリー」の商品がメイン。味はいちごやほうじ茶など、多彩なラインナップで、箱が5種類の中から好きなものを選べます。贈り物にもピッタリです。
■Maison Papillon
[TEL]0557-83-0880
[住所]静岡県熱海市田原本町3-22
[営業時間]10時~17時
[定休日]不定
「Maison Papillon」の詳細はこちら
熱海スクエアシュークリーム

熱海スクエアシュークリーム

麦こがし350円
麦こがしをシュークリームで提供したいという想いから商品化。イチオシ商品です。

熱海スクエアシュークリーム

4個セット1500円
カスタード、イチゴ、塩キャラメル、抹茶入り。単品も販売(各380円)。

地元の厳選した素材にこだわり、一つひとつ工房で手づくり。今までにないコロンとした四角いフォルムがカワイイ。期間限定商品もあるのでチェック!
■熱海スクエアシュークリーム
[TEL]0557-85-2221
[住所]静岡県熱海市田原本町3-6
[営業時間]10時30分~17時
[定休日]不定
「熱海スクエアシュークリーム」の詳細はこちら


4位. 加賀温泉郷【石川県加賀市・小松市】

あわづ、片山津、山代、山中の加賀4湯の総称が加賀温泉郷。それぞれ異なる温泉街の雰囲気や泉質があるものの、総じて言えるのは加賀百万石の伝統にあふれ、総湯(共同浴場)めぐりと一緒に味わいたい、海の幸やご当地スイーツが評判だということ!
■加賀温泉郷
[問合せ]0761-65-1834(あわづ温泉観光協会) 、0761-74-1123(片山津温泉観光協会)、0761-77-1144(山代温泉観光協会) 、0761-78-0330(山中温泉観光協会)
[泉質]ナトリウム・カルシウム・硫酸塩泉、塩化物泉、ほか
「加賀温泉郷」の詳細はこちら
山中温泉総湯 菊の湯

山中温泉総湯 菊の湯

山中温泉総湯 菊の湯

山中温泉総湯 菊の湯

山中温泉は、1300年の歴史を誇る温泉地です。地元の人にも愛されている総湯は、男湯と女湯が別棟になります。女湯棟には山中座が併設し、毎週土曜には芸妓さんによる唄と舞を上演。
■山中温泉総湯 菊の湯
[TEL]0761-78-4026
[住所]石川県加賀市山中温泉湯の出町レ1
[営業時間]6時45分~22時30分
[定休日]なし(臨時休業あり)
[料金]大人440円、小学生130円、幼児50円
「山中温泉総湯 菊の湯」の詳細はこちら
山代温泉 総湯/古総湯

山代温泉 総湯/古総湯

山代温泉 総湯/古総湯

山代温泉 総湯/古総湯

総湯が2つあり、ひとつは明治時代の総湯を忠実に再現した「古総湯」。浴室の床や壁の九谷焼のタイルも当時のまま復元されています。もうひとつの「総湯」は吹き抜けの天井が開放的です。
■山代温泉 総湯/古総湯
[TEL]0761-76-0144
[営業時間]6時~22時(第4水曜は12時~)
[定休日]なし(臨時休業あり)
[料金]総湯・古総湯共通大人700円、6歳以上250円、3歳以上120円
<総湯>
[住所]石川県加賀市山代温泉万松園通2-1
[料金]大人440円、小学生130円、幼児50円
<古総湯>
[住所]石川県加賀市山代温泉18-128
[料金]12歳以上500円、6歳以上200円、3歳以上100円
「山代温泉 総湯/古総湯」の詳細はこちら
片山津温泉総湯

片山津温泉総湯

片山津温泉総湯

柴山潟のそばに佇むスタイリッシュな外観。浴室はそれぞれ特長が異なる「潟の湯」と「森の湯」があり、毎日男女が入れ替わります。2階にはカフェを完備。店内はガラス張りで景色も抜群です。
■片山津温泉総湯
[TEL]0761-74-0550
[住所]石川県加賀市片山津温泉乙65-2
[営業時間]6時~22時
[定休日]不定(臨時休館あり)
[料金]12歳以上440円、6歳以上130円、3歳以上50円
「片山津温泉総湯」の詳細はこちら
粟津温泉総湯

粟津温泉総湯

粟津温泉総湯

北陸最古の温泉地「あわづ温泉」。小ぢんまりとした和風の平屋建ての総湯は、浴室も内湯のみとシンプルな造りです。休憩コーナーでは温泉玉子の販売があるので、湯上がりに味わうのにおすすめです。
■粟津温泉総湯
[TEL]0761-65-1120
[住所]石川県小松市粟津町イ79-1
[営業時間]8時~22時(最終受付21時30分)
[定休日]8日・18日・28日(土日祝の場合変更あり)
[料金]大人420円、小学生130円、幼児50円
「粟津温泉総湯」の詳細はこちら
加賀カニごはん
加賀カニごはん全店 2250円
・カニごはん
メインのごはんは、香箱ガニと地元産のコシヒカリを混ぜ合わせた、各店のオリジナルです。
・海鮮味噌汁
魚介や野菜が入った味噌汁は、地元産の味噌もポイントに。山中漆器の吸い物椀も上品。
・献上加賀棒茶
香ばしい棒茶(冷茶)が注がれたグラスには、作り下ろしの九谷焼の受け皿を使用します。
・小鉢五品
九谷焼の小鉢に、旬の素材を使用した、和え物、酢の物、焼き物、揚げ物、香の物を盛り付け。

加賀カニごはん

・デザート&コーヒー(紅茶)
各店のこだわりデザートが食後に登場。山中漆器の半月型の小盆で提供されます。

加賀市橋立港で水揚げされた、メスのズワイガニ・香箱ガニを1杯使ったご当地グルメ。貴重なカニがランチで気軽に味わえるとあって、じわじわ人気も上昇中。職人たちのこだわりと郷土愛がたっぷり詰まった、カニごはんをぜひ!
■食べられる店舗はこちら
大聖寺◉加賀料理 ばん亭
[TEL]0761-73-0141
加賀温泉駅前◉くいもん家 ふるさと 加賀店
[TEL]0761-73-1135
加賀温泉駅周辺◉カーサフォルトゥーナ ~幸せになる店~
[TEL]0761-74-5088
山代温泉◉割烹 加賀
[TEL]0761-76-0469
片山津温泉◉ホテルアローレ「竹翠」
[TEL]0761-75-8000
「加賀カニごはん」の詳細はこちら
加賀パフェ
加賀パフェ全店 950円
・5層パフェ
色鮮やかなゼリーやポン菓子、加賀九谷野菜のトッピングなど、ボリュームたっぷり。
・パフェグラス皿
緑・黄・紫・紺青・赤の「九谷五彩」の5色で色付けした九谷焼の器。地元作家の手づくりです。
・パフェソース
地元の名物菓子「吸坂飴(すいさかあめ)」を使った、各店オリジナルのこだわりソース。
・献上加賀棒茶
約150ccを急須で提供。地元作家が作り下ろした、加賀手織のコースターは各店共通のものです。
・お盆
山中漆器の半月型のお盆を使い、レイアウトも決まっています。

加賀市のおもてなし喫茶メニューとして開発された、地産地消の5層パフェ。しっかりとした定義はあるものの、店舗ごとで使用素材やこだわりポイントが異なるため、内容は個性派揃い。現在、加賀市内の6店舗で味わえます。
■食べられる店舗はこちら
片山津温泉◉加賀片山津温泉総湯 まちカフェ
[TEL]0761-74-5500
橋立◉加賀フルーツランド
[TEL]0761-72-1800
橋立・加佐ノ岬灯台入り口◉カフェ・ランチ 加佐ノ岬
[TEL]0761-75-1627
加賀温泉駅前◉くいもん家 ふるさと 加賀店
[TEL]0761-73-1135
山代温泉◉ギャラリー&ビストロ べんがらや
[TEL]0761-76-4393
山代温泉◉はづちを茶店
[TEL]0761-77-8270
「加賀パフェ」の詳細はこちら


5位. 和倉温泉【石川県七尾市】

約1200年前の地殻変動で海中から湧き出した温泉。
塩分濃度が高く、一度浸かったら湯冷めしにくいと評判です。
また「天然の生簀」とも呼ばれる七尾湾の海の幸を目当てに訪れる人も多く、冬はカニ、ブリ、アンコウ……などの海の幸オールスターズが味わえます!
■和倉温泉
[問合せ]0767-62-1555(和倉温泉観光協会)
[泉質]ナトリウム-カルシウム-塩化物泉
「和倉温泉」の詳細はこちら
和倉温泉 総湯
和倉温泉 総湯和モダンでありながら風格のある佇まい。外に足湯を併設
寛永18(1641)年に湯治場として造られた歴史ある共同浴場。90度の源泉を熱交換器で温度調整しているため、源泉100%の温泉が楽しめます。広々とした畳の休憩室も心地よい気分を味わえます。
和倉温泉 総湯
[TEL]0767-62-2221
[住所]七尾市和倉町ワ部6-2
[営業時間]7時~21時(最終入館20時30分)
[定休日]毎月25日(土日の場合は翌月曜)
[料金]大人440円、小学生130円、未就学児50円
[駐車場]90台
「和倉温泉 総湯」の詳細はこちら
能登海鮮丼みとね
能登海鮮丼みとね(左)10種がのる「能登海鮮丼」、(右)「AKB丼」
お茶をセルフにすることで上質な鮮魚を原価ギリギリで提供。冬は脂ののったブリやカニ!甘エビ、香箱ガニ、ブリの頭文字を取った「AKB丼」ほか海鮮丼が名物です。
能登海鮮丼みとね
[TEL]0767-62-0077
[住所]七尾市和倉町ワ部23-3
[営業時間]10時~18時(LO)
[定休日]月(祝日の場合は翌日)、第3火
「能登海鮮丼みとね」の詳細はこちら


6位. 白骨温泉【長野県松本市】

標高1400mにある秘境の温泉地。3日入れば3年風邪を引かないと言われ、鎌倉時代から湯治場として親しまれてきました。温泉街にある宿は全部で10軒。全ての宿が異なる源泉を使用していて、お湯の成分が異なります。
■白骨温泉
[問合せ]0263-93-3251(白骨温泉観光案内所)
[泉質]炭酸水素塩泉・単純硫黄泉
「白骨温泉」の詳細はこちら
泡の湯旅館

泡の湯旅館

温泉街の名宿で、温泉ファンからの支持も高いです。巨大な野天風呂は混浴だけど、きれいな白濁の湯なので初心者でも安心して浸かれます。湯温が低めなので、湯を楽しんだ後は内湯で温まるのがおすすめです。
■泡の湯旅館
[TEL]0263-93-2101
[住所]長野県松本市安曇4181
<本館>
[営業時間]10時30分~13時30分
[定休日]木、その他不定休あり
[料金]中学生以上1000円、3歳以上600円
「泡の湯旅館」の詳細はこちら
小梨の湯 笹屋

小梨の湯 笹屋

白骨温泉では数少ない無料の貸切風呂が魅力。硫黄豊富な湯をひとり占めできるなんて贅沢すぎ!硫黄の香りが漂う、開放的な内湯も好評です。
■小梨の湯 笹屋
[TEL]0263-93-2132
[住所]長野県松本市安曇4182-1
[営業時間]11時~14時
[定休日]不定
[料金]大人600円
「小梨の湯 笹屋」の詳細はこちら


7位. 飛騨高山温泉【岐阜県高山市】

近年、外国人旅行者からも人気を集める高山。古い町並の散策にグルメ、朝市、史跡&酒蔵めぐり…と、観光のお楽しみが目白押しですが、実は源泉が7つもあり、温泉宿が点在する湯の町でもあります。街歩きで体が冷えたら、温泉でぬくぬく。冬の高山はそんなすごし方がオススメです♪
■飛騨高山温泉
[問合せ]0577-36-1011(飛騨・高山観光コンベンション協会)
[泉質]弱アルカリ性低張性低温泉、ナトリウム-炭酸水素塩泉、ナトリウム-塩化物泉など
「飛騨高山温泉」の詳細はこちら
飛騨の小京都

飛騨高山温泉

江戸時代からの城下町と商家町の面影が残る古い町並。
温泉宿が点在する湯の町
「高山グリーンホテル」の内湯写真:「高山グリーンホテル」の内湯
源泉が7つもあり、実は良泉が多いのです。
陣屋だんご店の「みだらしだんご」

みだらしだんご

地元で「みだらしだんご」と呼ばれる醤油ダレの団子も高山の定番です!
陣屋だんご店
[TEL]0577-34-9139
[住所]高山市八軒町1-1-5
[営業時間]8時30分~16時30分(12月~3月は9時~16時)
[定休日]不定
[駐車場]なし
「陣屋だんご店」の詳細はこちら


8位. 昼神温泉【長野県阿智村】

泉質の良さで特に女性に人気の温泉地。肌にとろんとなじむ湯ざわりで、入浴後は肌がふっくらすべすべに。ここ数年は夜の星空観賞ツアーも好評です。「星空」×「温泉」で、静かな時間を過ごす夜もステキじゃない?
■昼神温泉
[問合せ]0265-43-3001(阿智☆昼神観光局)
[泉質]アルカリ性単純硫黄泉
「昼神温泉」の詳細はこちら
天空の楽園 Winter Night Tour Season2019

天空の楽園 Winter Night Tour Season2019
天空の楽園 Winter Night Tour Season2019会場は標高が高くかなり寒いので、防寒具はマスト!
[会場]ヘブンスそのはら

「日本一の星空の村」に輝いた阿智村で行われる星空観賞。光と映像、多様なテクノロジーを用いた演出は、かなりロマンチック。今年は片道15分の暗闇を進むゴンドラを運行するそう。
■天空の楽園 Winter Night Tour Season2019
[TEL]0265-43-3001(阿智☆昼神観光局)
[住所]長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
[営業時間]3月29日(日)までの18時~20時30分(上りゴンドラ運行時間18時30分~19時30分)※プレミアムナイト日は21時まで(上りゴンドラ20時まで)
[定休日]期間中なし
[料金]高校生以上2000円~、小中学生1000円~※土日祝や繁忙期は料金UP
「天空の楽園 Winter Night Tour Season2019」の詳細はこちら
ACHI BASE

ACHI BASE

昼は「キキ&ララ」とコラボしたカフェ、夜は映像を駆使した幻想的なバーを営業。インフォメーションセンターも備わっているので、観光情報の案内もしてくれます。なんとお土産処も!
■ACHI BASE
[TEL]0265-49-3171
[住所]長野県下伊那郡阿智村智里338-25
[営業時間]【カフェ】10時~17時【バー】17時~24時(LO23時30分)
[定休日]不定
「ACHI BASE」の詳細はこちら


9位. 志摩の温泉(志摩温泉郷)【三重県志摩市】

志摩の温泉とは、浜島温泉や伊勢志摩温泉をはじめ、市内にある温泉地を指します。人気アップの理由は英虞湾の絶景。露天風呂に浸かりながら望む景色は、息をのむほど美しいです。朝日や夕日を眺めながらの湯浴みも贅沢。やはり「絶景露天」は最強!
■志摩の温泉(志摩温泉郷)
[問合せ]0599-46-0570(志摩市観光協会)
[泉質]アルカリ性単純温泉、ナトリウム-塩化物泉、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉ほか
「志摩の温泉(志摩温泉郷)」の詳細はこちら
横山展望台

横山展望台

英虞湾に浮かぶ大小60の島々を一望できます。標高140mの高さから見下ろす自然の造形美に圧倒されること間違いなし!展望台にはカフェも併設。ご当地食材を使ったベーグルなどが味わえます。
■横山展望台
[TEL]0599-46-0570(志摩市観光協会)
[住所]三重県志摩市阿児町鵜方875-20
[営業時間]見学自由
「横山展望台」の詳細はこちら


9位. あわら温泉

年間100万人以上が訪れる北陸随一の人気温泉地。なんと各宿が自家源泉を持っているので、それぞれ成分や湯ざわりなどが微妙に違うのが魅力。また今が旬のカニをはじめとした日本海の海幸グルメも楽しみのひとつ。夕食後は駅前の「湯けむり横丁」で一杯いかが?
■あわら温泉
[問合せ] 0776-78-6767(あわら市観光協会)
[泉質]ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
「あわら温泉」の詳細はこちら
屋台村「湯けむり横丁」

湯けむり横丁

焼き鳥や海鮮など9軒の店が連なります。
あわら温泉屋台村 湯けむり横丁
TEL/0776-77-1877(おしえる座ぁ)
住所/あわら市温泉3-201
営業時間・定休日/施設により異なる
駐車場/なし
「あわら温泉屋台村 湯けむり横丁」の詳細はこちら
日帰り温泉「あわら温泉 芦湯」

あわら温泉 芦湯

5つの足湯の浴槽を備えた「あわら温泉 芦湯」
あわら温泉 芦湯
TEL/0776-78-6767(あわら市観光協会)
住所/あわら市温泉1-203 あわら温泉湯のまち広場
営業時間/7時~23時
定休日/なし
駐車場/あり
「あわら温泉 芦湯」の詳細はこちら

※この記事は2019年12月時点での情報です

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ