三菱電機に不正アクセス 防衛・電力・鉄道など機微情報の流出は否定

BIGLOBEニュース


大手総合電機メーカーの三菱電機は20日、第三者による不正アクセスを受け、個人情報と企業機密が流出した可能性があると公表した。

三菱電機によると、昨年6月28日に端末の不審な挙動を確認し、外部からのアクセスを制限するなどの対策を講じたという。個人情報や企業機密が流出した可能性があるが、防衛・電力・鉄道などの社会インフラに関する機微情報、機密性の高い技術情報や取引先に関わる重要な情報は流出していないとしている。また、現時点では不正アクセスによる被害や影響は確認されていないという。

三菱電機は、情報流出した可能性があることに対し、「該当の方々や関係するお客様に多大なるご心配とご迷惑をおかけすることを、深くお詫び申し上げます」と謝罪している。

20日の朝日新聞の報道では、今回の不正アクセスは、防衛省や内閣府、原子力規制委員会など10以上の官公庁や政府機関、数十社の社会インフラを提供する民間企業の情報に及んだとのこと。また、防衛関連の機密情報を主に狙う中国系のサイバー攻撃集団「Tick」が関与した可能性があるという。

当記事はBIGLOBEニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ