田中みな実“爆乳セクシー写真集”歴史に名を残す大偉業達成目前!

まいじつ

2020/1/18 19:01

田中みな実
(C)まいじつ

フリーアナの田中みな実が日本の「歴代写真集記録」に名を残すのではないかと評判だ。一部スポーツ紙によれば、昨年12月13日発売の彼女の写真集『Sincerely yours…』が刷り部数で50万部を超え、驚異的な売れ行きを示している。

「発売から約1カ月で、写真集の売り上げは大方決まります。今後は緩やかな曲線で徐々に日々の売り上げが下がっていきますが、それにしてもすごい売れ方には違いありません」(写真集編集者)

田中の写真集はすでに4刷目に入ったことが分かっている。

「初版で30万部刷ったといわれます。6~7万部ずつ増刷したことになり、あと1回増刷すれば55万部には達するでしょう」(同・編集者)

歴代3位は射程圏内に


それにしても、彼女の写真集がいかに売れているか。1990年代に「ヘアヌード写真集ブーム」というのがあったが、その中の記録に到達する可能性があるという。

「1位は人気絶頂のときに宮沢りえが脱いだ写真集『Santa Fe』。部数155万部だったとされます。これは写真集の歴史の中で不滅の記録で、もう絶対に破られないだろうと考えられます。それほど彼女は大人気のときにヌードになって、世間を驚かせたものです」(同)

歴代2位は菅野美穂の『NUDITY』(97年)で約80万部、3位は樋口可南子の『Waterfruit』(91年)で約55万部、4位は島田陽子の『Kir Royal』(92年) で約55万部、5位は川島なお美『WOMAN』(93年)の約55万部。3位から5位は、いずれも同数となっている。

「写真集は当時、写真集専門の書店などがあり、出版社が直に運んだり郵送などで売りさばき、正確な数字が分からないのです。だから樋口が上か、島田が上か、川島かというのは、アバウトな順番です。実際には全部3位です。今の写真集はネット直販が多く、やはり正確な記録は版元のみぞ知る感じです」(出版取次関係者)

つまり、このままいけば田中の写真集が歴代3位に食い込むのは確実というわけだ。

「田中の写真集は1980円と安い。昔の写真集は3000~4000円ですから、一概に比較はできません。でも刷り部数55万部の歴代3位になれば、本当に立派。記録に残ります」(同・関係者)

思えば、歴代の各写真集はみんなスッポンポン。もし田中が第2弾で〝フルオープン〟すれば、宮沢りえの不滅の記録を抜くことさえ不可能ではないかも!? 期待したいものだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ