歴史的なフルモデルチェンジ! C8こと第8世代の新型「コルベット」がついに登場

IGNITE


アメリカを代表するスポーツカー「コルベット」がフルモデルチェンジを実施し、第8世代(C8)へとバトンをつないだ。



今回のモデルはまさに歴史的な大刷新で、駆動レイアウトを伝統のFRから史上初となるミッドシップへと変更し、さらに日本市場に初めて右ハンドル仕様を導入する。

大盛況のうちに閉幕した東京オートサロン2020でも、ひときわ多くの耳目を集めていた新型コルベット。それもそのはずで、史上初のミッドシップ採用による新次元のパフォーマンスへの期待は大きい。



ドライバーの後方に鎮座するエンジンは、6.2リッターのV8自然吸気で、最高出力495ps/6,450rpm、最大トルク470Nm/5,150rpmを発揮する(パフォーマンスエキゾースト装着時)。また、より低い位置にエンジンをマウントして低重心化を図るとともに、サーキット走行を見据えてドライサンプオイルシステムや3基のスカベンジポンプを初採用している。



組み合わされるトランスミッションはシボレー初の8速デュアルクラッチ(パドルシフト付き)となり、シフトレバーは持たず、プル&プッシュ式の電気式シフターを採用する。



ドライブモードは従来の4種類から6種類へと拡大。ウェザー・ツアー・スポーツ・トラックに加え、個別設定のマイモードと、さらに細かい調整を可能としたZモードが加わった。Zモードはステアリングホイール上の「Z」ボタンから瞬時に呼び出すことができる。



レーシングカーと航空機からインスパイアされたという、彫刻的かつエキゾチックなプロポーションにも心躍るだろう。ボディサイズは全長4,630×全幅1,934×全高1,234mm、車重は1,530kg。ボディカラーは写真の「ゼウスブロンズメタリック」をはじめ、全6色が設定される。


日本に導入される仕様は「2LT」と「3LT」で、いずれも「Z51 パフォーマンスパッケージ」が標準装備される。さらに「2LT」にはGT2バケットシート、「3LT」にはコンペティションスポーツバケットシートや内外装の随所にカーボンパーツが奢られる。

■グレードおよび価格
コルベット クーペ 2LT=1,180万円
コルベット クーペ 3LT=1,400万円

※予約注文は2020年1月10日より。デリバリーは2021年春を予定

(zlatan)

画像元:GMジャパン

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ