「Weathering With You」がアメリカのTwitterトレンド入り ピンと来ない方「天気の子」のことです

ガジェット通信

2020/1/17 17:00



アメリカで1月17日から一般公開される新海誠監督のアニメ映画「Weathering With You(天気の子)」。一般公開前の15日から、「Weathering With You」がアメリカのTwitterトレンド入りするなど話題になっています。一般公開に先立って行われたファン向けの特別上映会(配給元のGKIDSとFathom Eventsが15日、16日に主催)に参加した人たちからは、概ね高評価の声が寄せられています。

https://twitter.com/RishxMeruem/status/1217988878574944257

「”Weathering With You”を観たけど、言葉が出てこない。ビジュアルとアニメーションは、私の想像を超えていました。新海誠さん、名作をまた一つ創造してくれてありがとう」

https://twitter.com/chris_online101/status/1218006871849820162

「”Weathering With You”を鑑賞し終えたところです。素晴らしい映画でした。日本語版と英語版のキャストとスタッフ全員に感謝します。RADWIMPSと新海誠さんにも、この素晴らしい映画のお礼を言いたいです」

https://twitter.com/pinkestXfloyd/status/1217684257151377408

「最初から最後まで見事だ。アニメーションチームから音楽や声優まで、作品に関わった全ての人が心を込めて作ったことが実感できる」

https://twitter.com/Denxins/status/1218026998947295236

「”Weathering With You”素晴らしすぎる。あちこちのシーンで泣きそうになってしまった。確実にもう1回観る」

他にも以下のような声が寄せられています。



・(余韻に浸っていたいようで)向こう2~3日、誰もオレに話しかけないで欲しい

・30分位涙で心を洗い流したいなら、「Weathering With You」を観なよ

・僕の評価は10/10(満点)です

・「Weathering With You」はアメリカでも興行的に大成功するな

・色んな感情が沸き上がってくる作品

・「君の名は。」と同じ位の名作

・2020年のベストアニメ

・映画館に足を運んで観る価値がある

・「ペンギン・ハイウェイ」のほうが面白かったかな

・「君の名は。」ほどではないかも

・18ドル(約2000円)の価値はなかった気がする



※画像:Twitterより引用

https://twitter.com/maidendays/status/1217737041443618816

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ