田中圭、嫁への愚痴を吐露もTOKIOから大ブーイング

※画像は、フジテレビ公式Twitter より

 

1月15日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優の田中圭がゲスト出演し、嫁の愚痴を吐露するも共感を得られるどころか独身の長瀬智也と松岡昌宏をはじめ、同じく2人の子を持つ国分太一からも大ブーイングを受ける結果となった。

 

同じく子持ちの国分太一も「俺は嫁の味方!」

 

8歳と3歳の娘がいる田中。そんな田中が「ちょっと愚痴なんですけど、皆さんがどう思うかで……」と共感を得られるか分からないとしながらも「まあ3年ぐらい前ですかね。結婚して5年ぐらい経って、初めて上のチビがちょっと大きくなったんで、僕の母が(子供たちを)遊びに連れて行きたいと。そしたら奥さん1人になるじゃないですか」と説明。

 

続けて「その日がたまたま僕もオフだったんですよ。だから結婚して5年目でオフが重なったんですよ。2人きりになったんですよ。だから何かデートというか、出掛けたほうがいいな?って、やっぱ何か男的に思って。せっかくだから。『行きたいとこある?どっか行こう』って言った時に、うちの嫁から返ってきた言葉が『掃除したいから出てって』って言われたんですよ」と愚痴った。

 

続けて「要するにチビがいなくて1日ずーっと1人で掃除に専念できるからちょっと邪魔だから出てって言われたんですよ」と話すと、松岡が「奥さんの気持ちも分かるよ!」と言い、国分も「俺は嫁の味方!」とバッサリ。この事態に田中は「フッ」と吹き出し笑い。すると長瀬が「嫁の味方っていうか、距離感大事なんじゃないですか?」とフォロー。

 

すると田中は「でも5年ぶりですよ?2人って」と反論。これに国分が「急にそういう時だけ何か『どっか行こう』とか言う圭君はちょっと違うよ」と論破。すると長瀬も「それもそうだし、ちょっと何かポイント稼ぎにも見えるしね」と同調。

 

また松岡も「時間なんて作ろうと思えば作れるわけで、酔っ払って帰って来るんだったら、2時間早く帰ってくれば」と言い、長瀬も「一緒にいられるからね」。3人から大ブーイングを受けた田中は「そうですね。俺が悪かった!すまん!」と頭を下げる結果となった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ