ダニエル・ラドクリフがホームレスに間違われる 放送禁止の赤面質問にも真面目に回答

俳優のダニエル・ラドクリフ(30)が先日、ニューヨークの路上でホームレスに間違われたことを英BBCの人気トーク番組『ザ・グラハム・ノートン・ショー』にゲスト出演した際に明かした。

映画『ハリー・ポッター』シリーズで一躍世界的A級セレブとなったイギリスの俳優ダニエル・ラドクリフ。1月10日に放送された『ザ・グラハム・ノートン・ショー』では、自身の面白い体験談を明かしてスタジオ中を大いに盛り上げた。

「(ニューヨークで)ガールフレンドが店で買い物をしている間、犬と一緒に路上で待っていたんだ。あんまり寒いからフードを被ってフリースを着て、その上からコートを羽織ったんだよ。犬も寒そうだったから、その場でかがんで撫でて温めてあげていたんだ。」

「すると通りかかった男性が僕を見て微笑んだので、僕も目で挨拶したんだ。彼は通り過ぎて行ったんだけど、5歩ぐらい歩いたところで戻ってきて、肩越しに5ドル札を渡してきたんだ。で、“これでコーヒーでも飲みなよな、メイト”なんて言うんだよ。」

そしてダニエルは「どうやら、もう少し頻繁にひげ剃りをしたほうがいいのかもね」と付け加えた。

ちなみに『ハリー・ポッター』シリーズでハリウッドスターとしての地位を確立したダニエルは映画出演で多額の収入を獲得し、2009年には「英国で最もリッチな10代」と言われた。2010年にはヴァニティ・フェア誌による「ハリウッドで最も稼いだ俳優」の1位に、2010年12月のフォーブス誌の「最も高い興行収入を稼いだ俳優」では5位に輝いている。ニューヨークやロンドンにいくつかの不動産を所有し、『Celebrity Net Worth』によると2019年の純資産は推定1億1千万ドル(約121億円)にも達するハリウッドでもトップクラスの資産家だ。

ニューヨークの路上で5ドル札を渡した男性も、まさか路上にかがみこんで犬をヨシヨシしている人物が大富豪ダニエル・ラドクリフだとは思いもよらなかったのだろう。ダニエルは「寒空の下でフードを被って犬の背中を強くさすっている姿が、たぶん犬と一緒に路上生活しているかのように見えたのかも」と語っていた。

さらにこの日は、ゲストに『ハリー・ポッター』シリーズでスプラウト先生を演じた英女優のミリアム・マーゴリーズ(78)も出演。過去に英国アカデミー賞助演女優賞を獲得した大御所女優にもかかわらず、番組中でワイルドな発言を連発し、ダニエルを腹がよじれるほど大爆笑させた。

まず番組冒頭に司会者のグラハム・ノートンがミリアムに、先日彼女が朝の情報番組に生出演した際、昼間は放送規制されている下品な言葉を放ってしまい大騒ぎになった件について尋ねた。それに対しミリアムは、「もう一度放送規制用語のリストを読み返したの。そしたらこんな言葉があったんだけど、みんな○○って言葉知ってる?」と逆にゲストや観客に問いかけ、ご丁寧にスペルまで教えはじめた。ちなみにこの『ザ・グラハム・ノートン・ショー』は午後10時半から放送するが、イギリスでは午後9時以降は規制用語を放送できるのだ。

その後もミリアム・マーゴリーズの暴走は止まらず、突然ダニエル・ラドクリフに向かって男性器に関する直球すぎる質問を投げかけた。これにはさすがのダニエルも赤面しながらも「ノー。僕はユダヤ人だから」と小声で真面目に回答し、スタジオ中を笑いの渦に巻き込んだ。

歯に衣着せぬ発言をすることで英国民から高い支持を得ているミリアムだが、ハリー・ポッターの撮影中も子供の前でアブナイ用語を連発していたという。ダニエルが「彼女がそんな言葉を言っていたなんて、全く記憶にないんだ」と言うと、ミリアムは「たぶん、あなただから気を付けていたのよ。他の子供達の前ではどうでもよかったんだけど」と、ダニエルへの小さな気遣いを見せていた。

2001年にわずか11歳で『ハリー・ポッターと賢者の石』のハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフもすでに30歳。「子役は大成しない」とも言われるハリウッドにおいて、莫大な富を得て大物俳優と呼ばれるようになった今でも周囲が放っておかない愛すべき存在なのかもしれない。

画像2枚目は『BBC One 2020年1月10日付Twitter「Tonight on The Graham Norton Show…」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ