生田斗真、バイきんぐ西村らと初の本格キャンプに「すっごい楽しい」

※画像は、『バナナマンのドライブスリー』公式サイトのスクリーンショット

 

1月14日放送の『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系)に、俳優の生田斗真がゲスト出演し、ベテランキャンパーのバイきんぐ・西村瑞樹、そしてバナナマンの設楽統と日村勇紀と共に初キャンプを楽しんだ。

 

生田斗真、キャンプ飯に「すっげえうめぇ~」

 

「人生初の本格キャンプがしたい」という生田の要望でキャンプをすることになった4人。まずはじめに西村がファイアースターター・杉の枯れ葉・ほぐした麻紐を使って火起こしをすると、生田は「かっこいい~!憧れる~!」とその知識と技術に大感動。

 

次に料理経験ほぼゼロの生田が大好物のハンバーグに挑戦。そして日村が「バナナマンの稽古場鍋」、設楽が「ジンギスカンwith設楽さんオリジナルタレ」を担当することに。しかし途中でジンギスカン用の焚火が雨によって鎮火。そして大量の煙にスタッフらも咳き込む。さらにハンバーグの焼き加減も気になるタイミングとなり西村が移動。日村が交代すると、生田が火吹き棒を手に焚火の元へ。そうやって全員がバタバタする中、設楽は「ちょっと待って!みんなヤバいよね?なんかヤバい集団がキャンプやってるよね」とこの現状を喜ぶ。

 

日村が杉の枯れ葉を入れたり準備を整えると、生田が火吹き棒で「ふぅー」と空気を送り込む。すると先ほどまでクスぶっていた焚火が一気に火を噴く。この現象に生田は「うわっ」と声をあげ「すごい……楽しい!」と目を輝かせた。そして焚火の番をしている生田に、「生田君楽しい?」と設楽。すると生田は「すっごい楽しい!なんか貢献してる気がします」と充実感を口にした。

 

火力が戻ったお陰で料理が次々と完成。生田は「すっげぇうめえ~」と頬張る。そして人生初のお手製ハンバーグを一口食べると「おいしい!」と感激。

 

思わず「米もらいたい、これと」と漏らすと、西村が「米ありますよ」と炊いていたご飯を差し出す。これに生田は「うわ!美味そう!いつの間にやってたんですか、そんな仕込み」と驚き、ツヤツヤと輝くご飯に「すごい美味しいです」と初キャンプ飯を噛みしめていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ