渋谷O-EAST公演をソールドさせた、ダンス・ボーカル・グループ『SHARE LOCK HOMES』新章スタート

E-TALENTBANK

2020/1/16 21:20


昨年8月末、平日にも関わらず渋谷O-EAST公演をソールドアウトさせ、今年も年始から渋谷クアトロ、赤羽RENYと、大箱を埋め尽くしている大注目のダンス・ボーカル・グループ『SHARE LOCK HOMES』が、1月13日に開催された赤羽RENY公演にて、『2021年、日本武道館プロジェクト!』と題し、壮大なプランを発表した。

「プロジェクト第1弾」として、自身のレーベル「What‘son Records」を設立。同レーベルより、4月1日に初の全国流通1st full album「FRONTIER」のリリースが決定(1月には4カ所、2月には9カ所のインストア・イベントも同時にアナウンス)。

アルバムリリースに先駆け、1月14日に新曲「Make You Smile」を、2月14日、3月14日にも先行シングルをリリースしていく。

「プロジェクト第2弾」としては、全国8都市10公演のアルバム・リリース・ツアー、2020「おんぎゃーツアー~SLHは産まれたばっかり~」の開催をアナウンス。ツアーファイナルはグループ史上最大規模の会場「ZEPP TOKYO」にて開催される。

「プロジェクト第3弾」は、SHARE LOCK HOMES公式ファンクラブ「SHARE LOCK HOUSE」を設立。1月14日~ファンクラブ登録受付もスタートしている。

メンバー&グループのTwitterアカウントフォロワー数が30万人を超えるグループが、2021年の「日本武道館公演開催」へ向けて本格始動していく本年。まずは1月18日からスタートするインストア・イベント・ツアーをぜひチェックしてみてはいかがだろう。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ