『まんぷく』の小川紗良、長編映画監督デビュー 『海辺の金魚』制作決定

クランクイン!

2020/1/16 18:15

 昨年のNHK連続テレビ小説『まんぷく』で主人公の娘役を演じた女優・映画監督の小川紗良による4作目にして初の長編となる監督作品『海辺の金魚』が製作中であることが発表された。昨年8月にクランクインし、既に撮影は完了。今春完成の予定だ。

高校の卒業を控えた18歳の女子高生・花。母親が起こした事件のせいで小さい頃から施設で育った。施設で過ごすことのできる最後の夏。そんな彼女は人生最大の選択を迫られる。母を取るか、施設の子どもたちを取るか。花の視線の先には…1匹の金魚。母との記憶を巡りながら彼女は金魚を手に海へと向かう。

主演は、紗良監督の監督3作目である『最期の星』で主演デビューした18歳の小川未祐。

撮影地の鹿児島県阿久根市は紗良監督の母の故郷であり、昨春にこの企画をスタートした頃より紗良監督が同市で撮影をしたいと熱望。多くの市民や阿久根市フィルムコミッションの全面協力もあり、無事に現地での撮影を終えた。23歳の紗良監督と79歳のカメラマン山崎裕とのタッグも見どころだ。

紗良監督は本作について、「金魚は海では生きられません。観賞魚として退化したからです。それでも、私はもう一度海へ連れ出したいと思ったのです。映画の主人公が、私が、そしてあなたが、自分自身の人生を歩み出せるようにと祈りを込めて」と話す。

紗良監督から「そこに在るだけで説得力のある瞳を持っている」と評された主演の小川未祐は「デビュー作である『最期の星』から2年が経ち、また小川紗良監督の作品に参加できて嬉しかったです。監督は映像に映らない時間もすごく大切にされていて、そこから生まれたものが沢山ありました。私はそれを少しでも逃さないように、毎日必死にしがみついていました。役を演じるのではなく『役としてその場所に生きる』ということを体験したんだと思います」とコメントしている。

映画『海辺の金魚』は今春完成予定。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ