結婚に迷うのは不安の現れ?「やめようかな」と揺れる気持ちに向き合うコツ♡

folk

2020/1/16 20:00

結婚に迷うのは不安だから?


彼氏との結婚が決まった!でもなぜか迷っている自分がいる…。もしかして不安の現れ…?など、本来幸せ絶頂期であるはずの結婚前のタイミングで、迷う時がある自分に戸惑いを隠せない女性は少なくありません。

迷ったままでは準備を前向きに進められず、モヤモヤしてる間にも着々と入籍や結婚式についての話が進んでいく中で、一人理由も分からず迷う自分が嫌になることも。

今回は、結婚に迷った時にどうすべきか、また、結婚の決断や決め手となるのはどういったポイントなのかなどを始め、結婚に迷う気持ちへの向き合い方をご紹介します。

結婚に迷う理由


恋愛

まずは実際に結婚に迷う理由から見ていきましょう。本来であれば幸せでいっぱいなはずの結婚が決まった女性が、なぜ悩むのかというと、それは男性にはない女性ならではの事情が理由になっていることが挙げられます。

結婚というのは男性にとっても一大事ですが、女性にとってはもっと重要なことなので、迷う時期があるのはそんなに不自然なことではないのです。

また、大人の女性だからこそ、結婚が夢ではなく現実のものになりかけていることが、迷う気持ちに拍車をかけています。ここでは、結婚に対して決断できずに迷う要因を3つご紹介します。

人生の分岐点になるから


迷う理由1つ目は、人生の分岐点になるからです。女性は男性とは違い、結婚すると苗字や戸籍が変わりますし、子供が欲しい人にとってはこの先出産を控えているので、安易な決断が下せずに迷うのです。

もちろん彼氏にとっても、嫁になる彼女の人生を背負うことになるため、結婚を決めるのは一大事だったことでしょう。

しかし迎え入れる立場の男性と、自分の親元から離れて違う家族の一員になる立場の女性ではまた違う感情で、なぜ悩むのかと言われても簡単には言い表せない奥深さのある迷う理由となっています。

引っかかることがあるから


迷う理由2つ目は、引っかかることがあるからです。彼の性格や親などに対して何か気になっていることがあると、女性は決断ができなくなり迷うことになります。

例えば、金銭感覚の違いを感じていたり、性格で好きじゃないところがあったり、付き合っているだけであれば流せていた問題も、いざ結婚が迫るとそれらの引っかかりが出てきて、本当にこのまま進めてもいいのか、夫婦になってやっていけるのか悩むようになります。

なぜ今になって思い出すんだろうと思うかもしれませんが、結婚を真剣に考えているからこそ、迷ってしまうと言えます。

結婚しない選択肢も考えていたから


迷う理由3つ目は、結婚しない選択肢も考えていたからです。近年、女性の働き方・生き方の多様性が進んでいますが、そういった時代背景により女性の生き方に選択肢が増えたことも決断を迷う一つの理由になっています。

実際に「絶対に結婚したい」「結婚すれば幸せになれる」といったように、結婚に強い思い入れを持たない女性は増えてきています。

「結婚できたらいいな」と考えていた程度で、男性に依存せずにこの先一人で生きていくことも考えている女性も少なくなく、彼氏に対しても夫婦関係になることがしっくりこないという理由で迷うのです。

結婚に迷う人の心境


恋愛2

続いて、結婚に迷う人の心境を見ていきましょう。結婚を迷う女性の心境はとても複雑で、日々いろいろな思いが駆け巡り、もう結婚するのやめようかなという考えが浮かぶこともあります。

しかしプロポーズをした彼氏側は心を決めているため、すっきりしていて、入籍や結婚式に気持ちが向いていることでしょう。

理由があれど、まだ心の準備がついていない女性にとって、そういったすれ違いがさらに決断を鈍らせ、迷うことにつながります。彼氏に相談しようにも、気持ちがまとまっていない以上相談しにくく、結果一人で抱え込んでしまいがちです。

漠然と不安を感じる


迷う人の心境1つ目は、漠然と不安を感じるということです。

結婚に迷う時の女性は、何か1点だけに対して不安を感じているというよりも、漠然とした見えない不安が常にあり、日々感情が揺れ動いていることが多いです。明確な不安ではない以上、なぜ悩むのか迷うのかも分からなくなり、考えるのをやめてしまいたくなる程です。

彼氏の前では普段段通り過ごすようにしているため、男性側は迷っていることに気付かないでしょう。決断をする上でいろいろなことが気にかかったり気を揉んでいることが理由で、漠然とした不安を抱えてしまうのです。

結婚のことを考えて憂鬱になる


迷う人の心境2つ目は、結婚のことを考えて憂鬱になるということです。決断ができずに迷うことがある女性からすると、本来は大好きな彼氏と夫婦になれるというのは嬉しくなるはずと思いながらも、実際は結婚について考えると憂鬱な気分に陥ってしまいます。

特に、迷う理由が男性側にあるわけではなく、自分の中で踏ん切りがつかないだけである場合、その現象はより強くなります。

彼氏に言うわけにもいかないので、彼氏は入籍や結婚式についての話を嬉々として相談してくることもあり、それもまた憂鬱になったり迷う理由になりやすいです。

彼と会っていても心から楽しめない


迷う人の心境3つ目は、彼と会っていても心から楽しめないということです。実際に、結婚に迷う女性は、特に嫌いになったわけではなく今までと変わらずに好きだけど、プロポーズされてから彼氏といてもなぜか心から楽しめないと悩むことも多いです。

それは、彼に迷う気持ちを隠していることが理由で、男性側に悪気はないのも分かっているのですが、自分のモヤモヤとした感情と彼の感情が温度差があり、気持ちの面ですれ違うことが多くなるのです。気持ちを隠している以上、致し方ないと思いつつも複雑な心境になりがちです。

結婚を迷う時に取るべき行動


恋愛3

結婚を迷う理由や心境が整理されたところで、次は迷っている状態で、どんな行動を取って行けばいいのかを見ていきます。

思い悩んでいる内容が内容だけに、人に相談するのをためらっている人も多いのではないでしょうか。特に女性同士では、惚気話だと思われたらどうしようという心配もありますよね。

しかし相手をしっかり選ぶことで新しい考え方が増える可能性が高いので、「最終的に決めるのは自分」ということは忘れずに、時には相談しながら気持ちを整理し、場合によっては彼氏と一度距離を空けてみることも必要です。

信頼できる友人や親に相談


1つ目は、信頼できる友人や親に相談してみることです。男性でも女性でも結婚経験者だとより望ましいのですが、あなたに対して親身になって考えてくれる存在を選びましょう。

親友や親であれば、あなたのことを良く知っているからこその視点で相談にのってくれるはずなので、自分一人で迷うだけでは気付けなかった考え方が出てくるかもしれず、思いがけない決断のヒントにつながることでしょう。

彼氏のことも知っている相手であれば、自分でも気付かなかった迷う理由についても分かるかもしれません。

不安に対する解決法を考えてみる


2つ目は、不安に対する解決法を考えてみることです。紙に迷う理由になっていることや不安に感じてることを全て書き出し、出てきた不安に対する解決策を考えてみましょう。

女性は男性よりもモヤモヤといろいろなことを同時に考えがちなので、まずはとにかく紙に書き出すことで、気持ちが整理されるのでそれだけでも効果的です。

彼氏に対してどう思っているのか改めて分かったり、不安に感じていたことが実はそんなに気にすることではなかったことが判明したりして、思考の整理と決断につながります。

1人の時間を作る


3つ目は、1人の時間を作ることです。同棲している女性であれば特に、彼氏が側にいることが当たり前になっていて、1人でゆっくり考える時間がないので、意識的に1人になる時間を作りましょう。

彼と物理的に離れること、ゆっくり自分に向き合い決断につなげることが目的なので、1人旅も効果的です。

なお、この時期に必要以上に不安にさせるのは避けたほうがいいので「結婚したら行けなくなるから一人旅行きたい」などと言う理由であれば、男性側にも角が立たず、気兼ねなく1人の時間を作ることができるでしょう。

結婚を迷う気持ちに向き合うコツ


恋愛4

続いて、結婚を迷う気持ちに向き合うコツをご紹介します。まずは、迷う気持ちは誰にでも起こり得るものと捉えて「迷う自分はおかしいのかな」「幸せなはずなのに迷うなんて別れた方がいいのかな」などど、思い悩んでしまう自分に対して思い詰めないようにしましょう。

その上で、迷う気持ちから逃げずに自分自身に素直に向き合うことが、後悔しない決断につながります。今までの思いこみを捨て、自分の感情に対して見て見ぬふりすることはやめて、今自分が感じている悩みや不安に素直になりましょう。

感情に素直になる


向き合うコツ1つ目は、感情に素直になることです。結婚は一生に一度のことであり、男性に比べて女性にとってはなおさら、人生を変える一大事なので様々な悩みや不安でいっぱいになることでしょう。

迷う人は多いですが、どんな不安が迷いにつながっているのかは人それぞれ違い、彼氏に不安を抱いていることもあれば、自分自身の中で迷いが生じていることもあります。

今まで自分の本当の気持ちを見て見ぬふりしてきたかもしれませんが、感情に素直になり、自分の感じていることを整理することから始めましょう。

「結婚は選択肢の一つでしかない」と考える


向き合うコツ2つ目は、「結婚は選択肢の一つでしかない」と考えることです。

男性も女性も、結婚がゴールだと思っていて結婚すれば幸せになれると考えている人や、結婚することでいろいろ支障が出るから結婚はするものじゃないと考えている人など、結婚を基準に幸せを考えている人は少なくありません。

実際に本当に大事なのは「自分の人生をどう生きるか」「日々どう暮らすか」という意識にかかっているのです。今まで結婚そのものに照準を当てすぎていた可能性が高いので、改めて原点に返ることで一気に見え方が変わることでしょう。

人生を楽しむ気持ちを大事にする


向き合うコツ3つ目は、人生を楽しむ気持ちを大事にすることです。幸せになるか不幸になるかは、自分の考え方次第ということを意識することに加え、人生そのものを楽しむ気持ちを大事にすることで、格段にあなたの未来は明るくなります。

女性に限らず男性も、初めてのことに対しては怖気づいてしまうもので、特に結婚に対しては誰もが不安を抱えやすいのです。

そんな時に不安ばかり感じているよりも、どうしたら楽しく生きられるかを意識することで、大事なことは意外とシンプルだということに気付くので、より早く後悔のない決断ができるでしょう。

結婚を迷う時の決断ポイント


恋愛5

続いて、結婚を迷う時の決断ポイントを具体的にご紹介します。簡単に決められないことなので、決め手となる部分が重要になりますが、その決め手となるポイントが欲しい、自分では分からない、などと悩んでいた人にとってはヒントになることでしょう。

彼氏の性格なども大事ですが、一番は自分が彼氏に対してどう感じているか、自分にとって彼はどんな存在なのかというところが重要になってきます。今までは付き合っていて側にいるのが当たり前だっただけに、改めて考えることで意外なことも分かってくるかもしれません。

彼とこの先も一緒にいたいかどうか


結婚を迷う時の決断ポイント1つ目は、彼とこの先も一緒にいたいかどうかです。付き合っているだけの時は、漠然とずっと一緒にいたいなと思っていたことでしょう。

しかしいざ夫婦という関係が現実になると、彼の性格で気になる部分があって夫婦としてやっていけるのか、彼の親とも家族してうまくやれるのか、などいろいろなことが気になります。

そこで原点に戻って、この彼とこれからも一緒にいたいか、彼といる自分が好きかというところを改めて考えてみましょう。忘れがちな原点に改めて向き合うことは大きな決め手になります。

彼がいなくなった場合のことを想像する


結婚を迷う時の決断ポイント2つ目は、彼がいなくなった場合のことを想像することです。付き合いが長ければ長い程、一緒にいるのが当たり前になっているので、その状態で考えても決断できないことは多いです。

別れや結婚をやめる気持ちも出てきている人こそ、彼がいなくなった場合のことを考えてみることが大事です。

本当に大切な存在こそ、失って初めて気付く可能性もあり、そうなってからでは遅いです。彼がいなくなることを考えた結果、自分にとってどんな存在なのかが分かるきっかけになり、後悔しない決断の決め手となることでしょう。

彼は話し合える相手かどうか


結婚を迷う時の決断ポイント3つ目は、彼は話し合える相手かどうかです。夫婦になると、付き合っていた時以上に乗り越えなければいけない壁があり、話し合うべきタイミングも増えてくるものです。そんな時にどちらかが話し合えない性格ではうまくいきません。

特に男性はプライドが高い性格が原因で、喧嘩の度に感情論で怒るだけの人や、素直に謝れない人などが多いです。話し合うべき時には逃げずにきちんと話し合い、2人で一緒に乗り越えようという気持ちが見えるかどうかは大きな決め手となり得ます。

結婚に迷う時こそ、気持ちに向き合って幸せな選択をしよう!


女性にとって人生の一大事を決める大きな決断になるのですから、迷ってしまうのも自然なことと言えますが、実際に迷いがある人にとってはとても深刻ですよね。しかし不安になりすぎていても道は拓けません。

結婚そのものに照準を当てすぎずに、どんな時も楽しい人生を送るんだという気持ちを持ち、自分が今感じている不安や悩みを整理することで、きっと明るい未来が見えてくるはずです。

自分の感情と意欲こそが後悔のない決断につながるものです。迷う時こそ自分の気持ちに向き合って幸せな選択をしましょう!

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ