「麒麟がくる」CP“代役”川口春奈を絶賛「肝が据わっている」 初回ズレ込みも脚本への影響なし

 俳優の長谷川博己(42)が主演するNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(19日スタート、総合、日曜後8・00)の初回完成試写会が16日、東京・渋谷の同局で行われ、当初予定より2週間、放送開始が遅れていた大作が放送わずか3日前にようやく報道陣にお披露目された。

 初回の「光秀、西へ」では、20歳の若々しい明智光秀が描かれている。同作の落合将チーフプロデュサー(CP)は「20歳の武家の青年が歩んでいく姿がどう映ったか。実在の明智光秀は40歳ぐらいまで何もわからない。どこにいたのかも謎。実はこういう青年だったんじゃないかと彷彿とさせるぐらい、長谷川さんの瑞々しい演技で伝えさせていただいた」と仕上がりに自信を見せた。

 同作は昨年6月にクランクインし、既に10話を撮り終えていたが、濃姫役で出演予定だった沢尻エリカ被告(33)が同11月16日に麻薬取締法違反罪で逮捕。NHKは同21日に沢尻被告の降板を発表し、川口春奈(24)を代役として同12月から取り直しを始めたが、間に合わず、当初の予定だった5日スタートから2週間遅らせ、19日スタートとなっていた。

 落合CPは「出演者の不祥事によって、帰蝶という役は大きな、大切な役だったので、とても残念だったというのは我々の共通の思いです」としたうえで、「1月の冒頭から放送を楽しみにしてくださった方々に、そういったことで2週間ずれて、お正月の気分が完全に消えてからというのが、そこは本当に残念」と語った。

 代役となった川口については「肝が据わっている。セリフも全部入っていて、すぐにやっていただいた。堂々とした演技。川口さんは弱さみたいなものが出せる方。帰蝶が不安に思っていたりするシーンがとても伝わってくる演技をしていただいてうれしい」とその演技を絶賛。「もうスタッフは新たな思いでまい進しております。いろいろとお騒がせして申し訳ありませんでした」とあらためて謝罪した。

 今回の騒動による脚本変更については「ないです」とキッパリ。「今の段階でも中盤を書いている段階。脚本はそのつと変わっていく。そこまできっちりやっているわけではないので、影響はないです。(脚本の池端俊策氏も)いろいろな経験をされている方なので、気にはされていないです」と話した。脚本は現在中盤まで進んでいるといい、「どうやって本能寺の変へ向かっていくのか、スタッフ、キャストで育てていきたい」と力を込めた。

 「麒麟がくる」は大河ドラマ59作目。第29作「太平記」を手掛けた池端俊策氏(73)のオリジナル脚本で、大河としては智将・明智光秀を初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。全44回。第1回は75分の拡大版で19日に放送される。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ