コルクボードで魅せるインテリア♪用途別実例を一挙ご紹介!

folk

2020/1/16 18:30

コルクボードでインテリアが変わる!


お部屋の壁やちょっとしたスペースに物足りなさを感じたら、コルクボードを飾ってみるのがおすすめです。

ひとくちにコルクボードと言っても、ただのシンプルなボードだけでなく、実用的でおしゃれなものが沢山あります。

お部屋のポイントになるものや、用途に合わせて使えるものをご紹介していきます。

おしゃれなコルクボードがお部屋のポイントに

壁紙の色に合わせて


コルクボードで魅せるインテリア

instagram(@elie.snowdiva)

色やデザインに迷った時は、壁紙の色に合わせて選ぶのがベター。

インテリアに馴染みやすいだけでなく、コルクボードが主張しすぎないように調節してくれる効果も期待できます。

こちらの実例は扉付きタイプのコルクボード。使わない時は扉を閉めて目隠しできる点が便利なアイテムです。

大きなコルクボードはインテリアのポイントに


コルクボードで魅せるインテリア2

instagram(@life_happy_warmly_)

こちらも、扉付きタイプのコルクボードです。大きなサイズのコルクボードなので、壁紙に合わせたカラーで見え方を調節。

取っ手や扉のデザインを好みのものにしてDIYすれば、おしゃれなお部屋のポイントになります。

扉を開くと広々と使えるコルクボードは、実用的に使えます。

黒板のようなデザインが目を惹く


コルクボードで魅せるインテリア3

instagram(@r_jem_k)

コルクボードに黒板シートを貼ってDIYすれば、モノトーンインテリアにもぴったりのおしゃれボードに早変わり。

シックな家具や小物と合わせれば、より洗練された雰囲気を楽しむことができます。

コルクボードとしても、黒板としてもOK。目的に合わせて使い分けできる便利アイテムです。

カギをぶら下げて置けるボックスに


コルクボードで魅せるインテリア4

instagram(@ai_ntpl)

コルクボードに枠を付けたり、木箱の底にコルクボードを貼り付ければ、ちょっとした小物棚が完成。

玄関に取り付けて使えば、カギ等をぶら下げて置ける収納になります。

見た目はいくらでもアレンジできるので、インテリアに合わせたDIYも楽しめますよ。もちろん扉付きにしてもOK!

用途別コルクボード実例集

子供用のやることリスト


コルクボードで魅せるインテリア5

instagram(@nabeka2016)

子供のやることリストに、コルクボードを取り入れるのもおすすめです。

自分でひっくり返して達成できたことを見やすくしたり、イラスト付きのタグにする等、子供たちが楽しみならが取り組めるように工夫してみましょう。

土台がコルクボードなので、手作りにかかるコストを抑えることができます。

おしゃれな連絡ボードに


コルクボードで魅せるインテリア6

instagram(@petit.cachette)

子供の連絡お便りや家族の予定などは、みんなに見てほしい場所に貼るのがベストです。

場所にもよりますが、みんながパッと目を惹くデザインであることが大切。

ボードをカラフルにしたり、屋根に見立てたパーツを付けるなど、インテリアのおしゃれとしても楽しめますよ。

目隠しディスプレイ


コルクボードで魅せるインテリア7

instagram(@xsayo.x)

来客時はもちろん、基本的に見られたくない!そんな場所はとことん目隠ししてしまいましょう。

コルクボードがあれば、目隠ししながら魅せるインテリアも実現可能。

おしゃれなボードをディスプレイするだけで、その裏の空間は目隠しされてスッキリ

サイズやデザインの工夫次第で、見た目も楽しめるインテリアになりますよ。

プレートやタグにしても


コルクボードで魅せるインテリア8

instagram(@yriiiiik815)

こちらもコルクボードを飾るアイデアですが、コルクだけでできている柔らかいボードを使ったもの。

コルクだけでできているタイプは簡単にカットできるため、タグやプレートにアレンジも可能。

安く手に入るメリットもプラス要素で、こういったDIYにはおすすめのアイテムです。ペイントや文字入れをしてもおしゃれに仕上がりますよ。

コルクボードでお部屋のおしゃれを楽しもう


普通にディスプレイする以外にも、実用的な活用例があるコルクボード。

加工のしやすさからDIY素材にも向いている便利なアイテムです。100均でも手に入るため、DIYコストを下げることも可能。

ペイントして色を変えて使うと、また違ったアレンジを楽しむことができますよ。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ