長谷川博己「麒麟がくる」降板の沢尻被告に言及「もったいないことしたなとは思う」激怒報道は否定

 俳優の長谷川博己(42)が主演するNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(19日スタート、総合、日曜後8・00)の初回完成試写会が16日、東京・渋谷の同局で行われ、当初予定より2週間、放送開始が遅れていた大作が放送わずか3日前にようやく報道陣にお披露目された。

 同作は昨年6月にクランクインし、既に10話を撮り終えていたが、濃姫役で出演予定だった沢尻エリカ被告(33)が同11月16日に麻薬取締法違反罪で逮捕。NHKは同21日に沢尻被告の降板を発表し、川口春奈(24)を代役として同12月から取り直しを始めたが、間に合わず、当初の予定だった5日スタートから2週間遅らせ、19日スタートとなっていた。

 放送日が2週間遅れていたこともあり、例年は前年12月中には行われている報道陣向けの試写会も放送ギリギリ。主演の長谷川は「いろいろありまして、ようやく皆さんの前にお届けできまして、ひとまず安どしております。それぞれの役割をスタッフ、キャスト、最大限に生かして、これから1年間やっていきたい」とコメントした。

 沢尻被告の事件のニュースを聞いた時の様子を「あの時はちょうど朝から取材を受けていまして、全部取材が終わったときに、落合プロデューサーから『長谷川くん、話をしよう』って、真っ青な顔で…。ちょっと上に行って話を聞いたんですけど」と回顧し、「(聞いた時は)本当に真っ白になった。何も言葉も出なかった。ショックを受けました」と話した。

 その上で「みんながいろいろと、すごく心配してくださるんだけど、割とすぐ、1週間ぐらい経ったら川口さんが決まり、みんなすぐ切り替えて、川口さんが最初からだったんじゃないかというぐらい、普通に撮影している感じだった」とすぐに切り替えたといい「いろいろな雑誌には『長谷川博己が激怒』って書かれてましたけど、全然、激怒も何もしていない」と笑いつつ、「彼女はもったいないことしたなとは思う」と語った。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ