「星野リゾート サーフジャック ハワイ」営業開始 ワイキキ中心部でビーチも徒歩圏内

モデルプレス

2020/1/16 16:04

【女子旅プレス=2020/01/16】15日、星野リゾートの新リゾートホテル「星野リゾート サーフジャック ハワイ」(ハワイ州オアフ島)の営業がスタートした。

◆星野リゾート、アメリカで初のリゾート運営開始



日本からは年間約150万人が訪れ、「人気の旅行先ランキング」でも常に上位にランクインするハワイ州。最も人気のオアフ島・ワイキキの中心地に位置する同ホテルは、1960年代のハワイをベースにしたレトロ・ブティックホテル。
館内は1960年代のサーフカルチャーを彷彿させるレトロなハワイを感じるつくり。ハワイで活躍する地元アーティストが手掛けたアートやインテリアなどを随所に散りばめ、懐かしさと落ち着きを感じる心地よい空間を演出している。
施設を象徴するプールの周りでは、映画の上映、生演奏のライブ、ハワイアンカルチャーのワークショップなど、さまざまなイベントが実施され、ビーチやショッピングエリアにも徒歩でアクセスできる利便性の高いロケーション。

気さくでフレンドリーなスタッフによる“オハナ(=ハワイ語で家族・仲間の意味)フレンドリー”なサービスで、ワイキキを満喫するゲストを出迎える。

◆ホノルル出身のシェフが手掛けるレストラン



館内のダイニング「マヒナ&サンズ」では、ハワイの食文化に敬意をはらい、斬新なアイデアをもつホノルル出身のシェフ、エド・ケニー氏が手掛ける、「アイランドスタイル」の料理を提供。

平日17:30~19:30はハッピーアワーで、ディナータイムには地元のミュージシャンの生ライブも披露される。

◆米国へと運営エリアを拡大



星野リゾートは2015年4月より、タヒチ・ランギロア島に位置する「星野リゾート Kia Ora ランギロア」(2019年5月に契約満了により運営終了)を海外施設の第一号案件として運営。

タヒチでの経験を活かし、2017年1月インドネシア・バリ島ウブドに「星のやバリ」を、2019年6月台湾・台中に「星のやグーグァン」を開業しており、「星野リゾート サーフジャック ハワイ」が海外において3軒目の運営施設となる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■星野リゾート サーフジャック ハワイ


住所:412 Lewers Street Honolulu, Hawaii 96815
客室数:112室・チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
料金 :1泊 250USドル~(1室あたり、税・アメニティフィー別、食事別)
客室面積:26.5平米~84.9平米
アクセス :ダニエル・K・イノウエ国際空港より車で約30分
付帯施設:プール、レストラン「マヒナ&サンズ」、ショップ「オリーブ&オリバー」

情報:星野リゾート

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ