『恋つづ』佐藤健×ヒゲダンの相乗効果に反響 リアタイした藤原聡「チームの愛に感謝!」

TBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』のエンディングテーマは、“ヒゲダン”ことOfficial髭男dismが書き下ろした新曲『I LOVE…』である。1月14日に第1話が放送された後、24時から同曲の配信スタートということもあって、ヒゲダンでボーカルとキーボード及び作詞・作曲を担当する藤原聡はTwitterで「まもなく! わくわくするね…!!!」とつぶやいてドラマが始まるのを心待ちにしていた。

『プチコミック』で昨年2月号まで連載された円城寺マキさんのマンガを原作に実写ドラマ化した本作は、日浦総合病院を舞台に主人公の新米看護師・佐倉七瀬(上白石萌音)と、彼女がナースになろうと決意したきっかけでもある憧れの医師・天堂浬(佐藤健)を中心に描くラブコメディーである。

腕利きだがドSな性格でとっつきにくいことから「魔王」と呼ばれる天堂浬。第1話ではそんな天堂が患者に対しては心から優しく接する一方で、佐倉には頭をわしづかみにして暴言を浴びせるドSっぷりを発揮した。

そのギャップを佐藤健が絶妙に演じたところ、Twitter上では「恋つづ最高だった…健…ドS…魔王…私の好きが詰まってた」、「見知らぬ年上の男にJKが頭撫でられて合法かつ胸キュンで片付けられる30代佐藤健くらいだなって」などの反響があった。

さらに第1話の終盤で天堂が佐倉に「何も変わってないなお前」と意味深な言葉を口にするシーンで、タイミング良くBGMにヒゲダンの『I LOVE…』が流れた。

『恋つづ』第1話を見終えたヒゲダン藤原が「初回放送でフル尺…!! チームの愛に感謝です」とツイートしたところ、視聴したファンから「ドラマ内の丁度キュンキュンするシーンでイントロが流れ始めて、聡くんの歌声が聴こえた途端、頭は一気に髭男一色でした」、「すごいタイミングで、しかも曲に気がいっちゃって台詞が入ってこないくらいでしたよー やっぱりめちゃめちゃ素敵な曲です」といったコメントが寄せられた。

“魔王”天堂にいきなり告白したことから“勇者”と呼ばれるようになったヒロイン・佐倉を演じる上白石萌音と天堂役・佐藤健の掛け合いも楽しみだが、それとともに感動する場面で『I LOVE…』が流れる相乗効果によって深みのあるドラマになりそうだ。ただ、ヒゲダンファンが楽曲に聴き入るあまりドラマに集中できない事態が懸念される。

画像2、3枚目は『【公式】火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」 2020年1月14日付Instagram「今日は #恋つづ 第1話放送!」』『FM802 2019年9月22日付Twitter「今夜10時から Official髭男dism @officialhige 藤原聡 @satoshi_higedan MUSIC FREAKS最終回」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ