JAL、国際線航空券国内区間のマイル積算率を変更 FLY ONポイントも、修行僧に打撃

Traicy

2020/1/16 11:46

日本航空(JAL)日本航空(JAL)は、2021年2月1日以降の国際線航空券に含まれる国内区間の搭乗時に、JALマイレージバンクのマイルの積算率やFLY ONポイントの算出方法を変更する。

2021年2月1日以降の搭乗では、フライトマイル対象運賃の国際線航空券に含まれる日本国内区間の積算率は、予約クラス「Y」は100%、「H・M・E」は75%、「O」は50%、「G」は30%とする。2021年1月31日までの搭乗では、対象運賃すべてで、「ファーストクラス」は150%、クラスJは110%、普通席は100%の積算率となる。

上級会員の判定に用いられるFLY ONプログラムのFLY ONポイントは、フライトマイルにFLY ONポイント換算率(国内線は2倍)をかけ合わせたものに、搭乗ボーナスFLY ONポイントを加えて算出される。2021年2月1日以降の国際線航空券の日本国内区間の搭乗では、日本国内区間の予約クラスが「Y・H・M」の場合のみ、搭乗ボーナスFLY ONポイントの400ポイントが加算される。予約クラス「E・O・G」は、搭乗ボーナスFLY ON ポイントの加算の対象外となる。

なお、2021年1月31日までの搭乗では、フライトマイル対象運賃であれば、国際線航空券に含まれる日本国内区間の搭乗で搭乗ボーナスFLY ON ポイントが加算される。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ