『ドッキリGP』大炎上!妻子を巻き込む“ド悪質企画”に「胸クソ悪い」

まいじつ

2020/1/16 10:31


(C)Ollyy / Shutterstock 

1月11日に放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)の「宝くじ」ドッキリに、視聴者から批判が殺到した。

同ドッキリは「夢の10億円が当たったら人はどうなるのか?」というドッキリ。ターゲットは事前にニセ番組のロケで年末ジャンボを自腹購入し、実際の結果にかかわらず「10億円に当選した」というドッキリを仕掛けられていった。ターゲットとなったのは、フリーアナウンサーの馬場ももこ、『安田大サーカスクロちゃん、『プラス・マイナス』岩橋良昌の3人。馬場は3万円分、岩橋は2万4千円分のくじを自腹で購入し、クロちゃんに至っては、何と100万円をはたいて3000枚以上購入する大勝負に出る。

結果発表の大みそか、スタッフが収録前に〝実際に確認〟したところ、3人とも10億円の当選はならず。そのため、ターゲットには番組が撮影したニセの当選発表映像を見せ、本当に1等10億円が当選したかのように見せかけることとなった。

最初に仕掛けられた岩橋は番号が明かされるにつれ興奮をあらわにし、震えた手からは喜びより緊張が伝わってくる。さらに、「(金欠で)結婚指輪と婚約指輪を1個にしたんで、結婚指輪を買います!」と感動的な使い道も明かされ、電話で伝えた家族も「えー!? やったー!」「パパ、がんばってね!」と感動を共有していた。

岩橋の無念さを察する声が


しかし、ネタばらしがされると岩橋は絶叫し、床に倒れ込むほど落胆。さらに、家族にも当選がドッキリだったことを伝えなければならないため、スタッフに「二次災害!」と不満をぶつけていた。

続く馬場は当選が分かると、「希望を持って仕事や学校生活に一生懸命取り組んだら、必ず良いことが開ける」「皆さんも夢に向かって取り組んでください」と真顔でコメント。いずれも当選時点では〝いい話〟が飛び出し、ネタばらし後とは凄まじい落差が生じていた。

クロちゃんの放送は次週に持ち越されたが、2人の展開はドッキリ的には120点となり、見事大成功と言える結果に。しかし、純粋な心を弄ぶような形にもなったため、ネット上には、

《見てて笑えないし胸クソ悪い》
《上げて落とされるドッキリは普通に不快だわ》
《体感だと普通に10億借金作ったのと同じストレスだよ》
《マジでかわいそう 奥さんもあんなに喜んどったのに》
《関係ない家族まで巻き込むなよ…》
《こんだけ喜ばしといてドッキリですよって言われたら誰でもムカつくよ》
《高額当選ドッキリって、本当は当たってるのにハズレてるって言われ続けるのかと思った…。最後に当たってました!おめでとう!だったらみんなが幸せになれるのに…》
《誰も得しない、笑えない…かわいそうで何か心が重くなった》

などと批判が殺到した。

不評を受け、クロちゃんのパートが急遽〝マイルド〟な編集に変わるかも?

【画像】

Ollyy / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ