GENERATIONS小森隼がメンバーを売り込み!「愛があるな~」と共演者感嘆


ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼が15日、都内で行われたAbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(1月25日スタート、毎週土曜23:00~)の取材会に出席し、GENERATIONSのメンバーの仲の良さが伝わるエピソードを明かした。

『恋愛ドラマな恋がしたい』(通称ドラ恋)は、「キスシーンのある恋愛ドラマの撮影で若手俳優たちの恋は生まれるのか?」を追う恋愛リアリティショー。第5弾となる新シーズンは、若手俳優たちが“禁断の愛”をテーマにした過激な連続ドラマに挑戦し、ドラマ撮影の裏側で起こる恋や主演争いの様子がリアルに描かれる。

取材会には、番組MCを務める渡辺直美、ジャルジャルの福徳秀介、GENERATIONSの小森隼、谷まりあ、そして新たにMCに加わった“ドラ恋”の大ファンというPerfumeのあ~ちゃんが出席。渡辺は「ドラマの最後で毎回キスがあるとんでもなく楽しい番組。若手俳優の演技や表と裏の姿も見られる」と番組の魅力を伝え、あ~ちゃんは「芸能界の縮図のような番組。芸能界は運も縁も何もかも必要。演技がめちゃくちゃ良いのに縁や運に恵まれないということも起こるドラ恋は、まさに芸能界そのもの」と熱く語った。

小森は、「芸能界の裏側を見られる番組」のコンセプトにちなんで自身の周りの裏エピソードを聞かれると、「今年1月6日から初の朗読劇にチャレンジさせていただいて、僕が主演で、1人で座長というのは初めてだったのですごく良い経験になりました。メンバーも見に来てくれて、差し入れもくれたんですけど、リーダーの白濱亜嵐だけ海外に行っていて来なかったという今年一の悲しいエピソードがありました」とグループの仲の良さが伝わるエピソードを紹介。「でも初日に、すごい笑顔の『頑張って!』っていう写真が(白濱から送られてきた)」と補足した。

メンバーが出演している番組などはお互いに見ているそうで、「誰かがドラマに出ているときはみんなで見て、ああだった、こうだったって話もしますし、ドラ恋に(関口)メンディーさんも急に客演で来てくれたりするくらい。個人で活動しているものは共有しながらグループで話したりしますね」と説明。「みんな愛があって見ているんですけど、照れ屋な部分もあるので、基本全ディスりなんですけど、ちゃんと見ているというのもメンバー愛だなと」と笑った。

また、メンディーがドラ恋に出たときに「『俺もっといけたと思うんだよね』って2人でお酒を飲みながら反省会をしました。メンディーさんも気持ちが入りすぎて、あんな普通じゃない人が普通にしようと思ったので空回っちゃったって…」と、2人で反省会をしたことを明かすと、渡辺らは「すごいね!」とびっくり。さらに、小森が「『ぜひチャンスを』とのことなので、また何かあればよろしくお願いします」とスタッフに向かってメンディーを売り込むと、「営業してる」「愛だな~」「愛があるな~」という声が上がった。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ