田中圭、妻の態度に不満「掃除したいから出て行って」最終的には謝罪


俳優の田中圭が、15日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00~23:40)にゲスト出演し、妻とのプライベートエピソードを明かした。

田中は2011年8月に当時女優だったさくらさんと結婚、2012年2月に長女、2016年8月に次女が誕生している。

この日は、主演映画『mellow』(1月17日公開)の宣伝を兼ねた出演。様々な話題でTOKIOメンバーと盛り上がる中、「ちょっと愚痴なんですけど、聞いてもらっていいですか?」と切り出し、「皆さんがどう思うか」と投げかけた。

「3年ぐらい前ですかね。結婚して5年ぐらい経って、上のチビが大きくなったので、僕の母が『(子供たちを)遊びに連れて行きたい』と。そしたら奥さん一人になるじゃないですか? その日、僕もたまたまオフで。結婚して5年で初めて、オフが重なって二人っきりになったんです」

「デートというか、出掛けた方がいいかな」と思った田中が、「行きたいところある? どこか行こう」と誘ったところ、妻から返ってきた言葉は「掃除したいから出て行って」だった。

スタジオが爆笑に包まれる中、田中は「要するに、チビがいなくて『一日ずっと一人で掃除に専念できるから、ちょっと邪魔だから出て行って』と言われたんです」と苦笑。

これを聞いたメンバーから、「俺は嫁の味方。急にそういう時だけ『どっか行こう』とか、そういう圭くんはちょっと違うと思う」(国分太一)、「距離感大事なんじゃないですか? ポイント稼ぎにも見える」(長瀬智也)、「時間なんて作ろうと思えば作れる。酔っ払って帰って来るんだったら、2時間早く帰ってくれば」(松岡昌宏)と次々に妻側を擁護する声が上がると、田中は「そうかそうか! 俺が悪かったすまん! すまん!」とカメラに向かって頭を下げて笑いを誘っていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ