渦中のメーガン妃、カナダ・バンクーバーの最貧困地域を訪問

カナダに滞在中のメーガン妃が現地時間14日、バンクーバーのダウンタウン東部にある「ウィメンズ・センター」を訪問していたことが明らかになった。妃はコミュニティーの女性達が抱える問題などについて、同センターのスタッフらと話し合ったという。

「高位王族」からの引退を表明後、愛息アーチー君と合流するため再び単身カナダへとんぼ帰りをしていたメーガン妃が現地時間14日、公の場に姿を現した。英紙『Daily Mail Online』には、雪の降るヴィクトリア・ハーバー・エアポートからグリーンのジャケットと黒のマフラー姿のメーガン妃がセキュリティスタッフとともに水上飛行機に乗り込む姿が掲載されている。

メーガン妃の訪問先は、バンクーバーの最貧困地域と名高いダウンタウン東部の「ウィメンズ・センター」。一日あたりおよそ500人の女性や子供が利用する同施設は、温かい食事やカウンセリング、生活に最低限必要な物品などを提供しており、夜には女性達の緊急避難先としてシェルターの役割も果たしているという。メーガン妃はこの日、コミュニティーの活動内容や女性達が同地域でよりよい生活を送るための今後の課題などについて質問していたそうで、同センターのディレクター、ケイト・ギブソンさんはそんな妃の印象を「気さくで素敵」「頭の回転が早く、適切な質問を織り交ぜながら会話を膨らませるのが上手」と『CBC News』のインタビューで明かしている。

また妃は、同地域の抱える問題や「ウィメンズ・センター」の活動内容を親身になって聞いていたそうで、

「今後はカナダ、それも西海岸地域にお越しなられるかもしれない―ということで、メーガン妃はコミュニティーについての理解を深めたかったのでしょう。」

とも述べた。同センターのFacebookページには、8名の女性スタッフに囲まれて笑顔を見せるメーガン妃とのグループショットがアップされ、

「今日はこの方と一緒にお茶をしました! サセックス公爵夫人ことメーガン・マークルさんが、コミュニティーの女性達が抱える問題について話し合うために同センターを訪問してくださいました。」

と綴られている。

女性がDVや貧困といった“負のサイクル”から脱出できるよう、これまでも英国で様々なプロジェクトを通じ支援を行ってきたメーガン妃だが、カナダに拠点を構えてからも女性の地位向上を目指した活動に力を注いでいく意向は変わらないようだ。

ちなみにこの日のセキュリティーや水上飛行機のコストなどがどこから捻出されたのかは明らかになっていないが、先日のインタビューでカナダのトルドー首相

「カナダ国民の多くはヘンリー王子・メーガン妃夫妻の滞在を快く受け入れていると思います。ただそれが現実になるとはどういうことか、そして具体的にどのようなコストが発生するのかなどについては、まだまだ話し合いが必要な段階です。」

と答えていた。

エリザベス女王も先日の“サンドリンガム会談”ののち、高位王族という立場から離れ、新たな人生を築いていきたいという夫妻の希望を全面的にサポートしていく旨を発表したものの、今後については「近日中に最終的な決断に達するよう要請した」と述べるにとどまっている。数日中には夫妻から正式に何かしらの発表があるかもしれない。

画像は『Downtown Eastside Women’s Centre 2020年1月14日付Facebook「Look who we had tea with today!』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ