懐かしくて新しいあんバター 禁断の甘味と塩味

OVO

2020/1/16 08:00



最近、“あんバター”の文字を店頭で見かけることが多くなった。給食のコッペパンが懐かしい、という人も少なくない。これはそのあんバターと果物の新しい組み合わせ。国産フルーツとバターを使用した「あんとバター」(茜丸・大阪市)が2月8日、発売される。

老舗のどら焼き店であんメーカーでもある茜丸は、国産原材料にこだわったあんを70種類以上製造している。ベーカリーや和菓子メーカーのための業務用が多いが、今回は一般家庭用に、そのまま食べたりトースト用のスプレッドにしたり、ひとつのスイーツとして味わえるように作った。

宮崎産バターと国産のフルーツが原料。シンプルなあんとバターの「北海道小豆」のほか、紅ほっぺと白あんを合わせた「静岡いちご」や、洋菓子のような味わいの「北海道かぼちゃ」、爽やかな「高知ゆず」、お茶の苦みがほどよくきいた「静岡産抹茶」、「大阪いちじく」の6種類ある。

注文は、2月7日までクラウドファンディングサイトで、同8日以降は茜丸公式通販サイトで。価格は各1,305円(税・送料込み)。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ