Snow Man向井康二がフィッシャーズ鬼ごっこでさらした姑息な手段とは

アサジョ

2020/1/16 07:15


 1月22日にメジャーデビューを控える「Snow Man」の向井康二が、400万再生の人気動画でその姑息さをさらすこととなった。人気YouTuberグループの「フィッシャーズ」が1月11日に公開した「【100分間】日本の王者たちvsシルクロードで本気の鬼ごっこした結果!?」という動画について、ネット系ライターが指摘する。

「これはフィッシャーズが鬼になって、学校の校舎を舞台に壮大な鬼ごっこを行うもの。参加者にははじめしゃちょーやスカイピースといった人気YouTuberのほか、コロッケ、藤本敏史、ミラクルひかるといった芸能人も参加。そして《ジャニーズ史上初!2グループ同時デビュー》と銘打って、Snow Manの向井とSixTONESの高地優吾もジャニーズ代表として参加していました」

このメンツなら、フィジカルに優れるジャニーズの二人は最後まで逃げおおせそうなものだ。ところがそんなジャニヲタの期待を、向井と高地はあっさりと裏切ってしまったのである。

「鬼役のフィッシャーズ・ぺけたんは、校舎内で高地を発見。慌てて体育館に逃げこんだ高地でしたが、そこにはもう一人の鬼であるフィッシャーズ・シルクロードが待ち構えており、袋のネズミ状態になりました。『終わったーっ!2対1はヤバイ!』と叫びながら逃げ回るも、最後はステージ上であえなく確保。動画の序盤で捕まえられてしまったのです。もっとも高地については逃げた先が悪かったという不運もありましたが、ここでカッコ悪い姿を露呈したのが、最初から体育館内の倉庫に隠れていた向井だったのです」

鬼が二人いることに気づいた向井は強行突破を図ろうとするも、捕まえられる寸前に。するとここで向井は姑息にも、鬼への説得を始めたのである。

「ストップストップ!と叫んだ向井は、『(フィッシャーズの)チャンネル登録してるんすよ。そのうちの一人、捕まえます?』と、まさかの交渉を開始。もちろんそんな交渉が成立するはずもなく、あっさりと捕まってしまいました。しかも向井は確保された後、高地に対して『いっこだけ言っていい?なんで来たん!?』と言い放ち、自分が捕まったのは高地のせいだとばかりの態度を見せていたのです」(前出・ネット系ライター)

動画の最後ではラスボスとして、ジャニーズの某大物アイドルが登場。その姿を見た高地は「挨拶いかなきゃ!」と後輩らしいセリフを口にしていたが、向井は大先輩のオーラに圧倒されたのか無言のまま。どうやら何かのセリフを口にする余裕すらなかったようだ。

(白根麻子)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ