セカオワSaori、子供が生まれて突然手に入ったモノ 「救世主ですね」

しらべぇ

2020/1/16 06:15

(画像はSaori公式ツイッターのスクリーンショット)
人気バンド「SEKAI NO OWARI」のメンバー・Saoriが、15日自身のインスタグラムを更新。子供が生まれたことによって「突然手に入ったもの」について語った。

■第1子誕生をきっかけに…


社会学者の古市憲寿氏と、写真家で映画監督の蜷川実花氏とのスリーショットをアップしたSaori。2人との再会に柔らかい笑みを浮かべている。

過去に不眠症を患っていたが、第1子の誕生をきっかけに克服。「憧れてやまなかった朝型の生活が、突然手に入った」「誰かに祈りたいような、報われたような気分」と心境を語った。




関連記事:セカオワSaori、声をかけてきたファンにサインを提案 まさかの展開に「信じられない」

■眠れないのは「怠惰」ではない


この日、Saoriはツイッターでも不眠症だった過去について投稿。

眠れないことを「自分が怠惰だから」と責め続けていたそうだが、産後眠れるようになり「怠惰じゃなかった。充分頑張ってたんだ」と振り返る。



■同じ悩みを抱える人からの声も


今回の投稿を受けて、ファンからは「お子さんは救世主ですね」「子供の力は何よりも凄いですね!」と反響が相次いだ。

他にも、「私も寝るのが怖いです…。でも起きるのもまた怖い」「眠れない自分を責めてしまいます」と同じ悩みを抱えた人からの声も多数見受けられた。

■不眠症に悩む人は1割以上


「ベッドに入るのが怖い」ともつづっていたSaoriだが、実際に不眠症に悩む人はどのくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部は、全国の20~60代の男女1,387名を対象に「不眠症について」調査を実施。その結果、全体の12.8%が「不眠症に悩んでいる」と回答している。


眠れないことに焦りや不安を感じる人もいるなか、Saoriの「充分頑張ってた」という言葉に救われた人も多いことだろう。

・合わせて読みたい→吉田沙保里、意外な特技披露するも「指の使い方が…」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1,387名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ