春に開催!京都発の新たな都市デザインビエンナーレ「KYOTO Shaping the Future」

TABILABO

2020/1/16 06:00


3月27~29日の3日間、京都発の新たな都市デザインビエンナーレ「KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市」が開催される。場所は「京都市勧業館みやこめっせ」にて。

都市の未来像を京都から発信するこのイベント。今回が初めての開催となり、テーマとして選んだのは「食がつくる都市」だ。

京都の食をめぐる循環構造を歴史的な視点からリサーチし、これを最先端テクノロジーと掛け合わせることで、「食」から派生する新たな未来都市の可能性を描いていく。展示は、直径15mの「都市模型プロジェクションマッピング」や京都における都市と食のダイナミックな関係を6つのキーワード読み解く「京都を形づくる食」と題した展示のほか、3つのプロジェクトが並ぶ。

主催する「京都工芸繊維大学」の「KYOTO Design Lab」は、三方を山に囲まれた京都の周縁を所在地としており、そんな立地を鑑み、一歩引いた視点から街を俯瞰した社会のリデザインを提案していくという。

1200年を超える歴史と伝統を継承する都市の未来像とはどういったものなのか?まだ見ぬ未来の京都の姿をお楽しみに。


『KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市』
【日時】2020年3月27日(金)~29日(日)10:00~19:00(27日のみ13:00開場)
【会場】京都市勧業館みやこめっせ 第3展示場B
【住所】京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
【主催】京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
【共催】KYOTO STEAM-世界文化交流祭-実行委員会
【後援】在日スイス大使館
【コラボレーター】シャディ・ラーバラン&マニュエル・ヘルツ、大阪ガス株式会社 エネルギー技術研究所、スイス連邦工科大学チューリッヒ校 クリストフ・ジロー研究室
【コンテンツ制作】岡田栄造+岩本馨+水野大二郎+木下昌大+三宅拓也[京都工芸繊維大学]
【会場構成】武井誠+満田衛資[京都工芸繊維大学]
【アートディレクション】西村祐一+綱島卓也[Rimishuna]

Top image: (C) 京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ