寺脇康文、1%未満の男性乳がん患者役で『アライブ』第2話に出演「決して他人事ではない」

テレビドガッチ

2020/1/16 06:00

寺脇康文が、1月16日に放送される松下奈緒が主演の木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第2話に出演。男性が発症するのは1%未満という、乳がん患者の日ノ原徹を演じる。

日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科(メディカル・オンコロジー)を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う、医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の恩田心(松下)と外科医の梶山薫(木村佳乃)という2人の医師を中心に、腫瘍内科の研修医である結城涼(清原翔)、同じく研修医の夏樹奈海(岡崎紗絵)、腫瘍内科医の光野守男(藤井隆)、腫瘍内科部長の阿久津晃(木下ほうか)ら、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描く、この冬最も温かいメディカル・ヒューマンドラマ。

寺脇演じる日ノ原は妻と娘の3人家族で暮らしていたが、数年前に離婚し、今は独り身。横浜みなと総合病院の乳腺科で乳がんと診断され、心たち腫瘍内科の診察を受けに来る。日ノ原は、自分は男性なのに乳がんになるなんて信じられないと、ひどく困惑をする。そんな日ノ原に、診察を担当することになった光野は、遺伝の可能性を示唆。すると日ノ原は、元妻のもとにいる一人娘にも遺伝するのか、と光野に聞き……。どうしてがんは自分を選んだのか? 1%未満のケースという日ノ原が、心や周りのがん患者との触れ合いを通して、少しずつ少しずつ前へ踏み出そうとする姿を、名優・寺脇が繊細に紡ぎ上げていく。

<寺脇康文コメント>
――『アライブ』ご出演の話を聞かれた際の感想をお願いします。

決して、楽しいドラマでは、ないけれども、病気というのは、誰しもが、多かれ少なかれ、関わるものだし、そうなるのも、また、治すのも、どちらも、人間ですよね。そんな、人間ドラマに、正面から立ち向かう、このドラマに、携わりたいと、思いました。

――難しい役どころとなる日ノ原を演じて、いかがでしょうか?

男性が、乳がんになるというのは、この脚本を読むまで、私も、知らなかったですから、それを、知ってもらいたいということも含め、もし、自分がそうなったら、という想定で、決して、他人事では、ないということを皆さんに、考えてもらえればいいな、と、思って、演じました。

――視聴者へメッセージをお願いします。

今や、2人に1人という確率でかかる、がん。自分がそうなったら、そして、近くにいる、大切な人がそうなったら、どう、接するか。一緒に、考えてもらえたら、いいと思います。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ