目の前は太平洋!いつか住んでみたいハワイの最先端コンドミニアムをチェック

IGNITE

2020/1/15 22:00


いつかハワイにコンドミニアムを持つのが夢、という方は少なくないだろう。

全米各地で大規模不動産開発を手がけるザ・ハワード・ヒューズ・コーポレーションは、現在ハワイ州ホノルル、カカアコにて開発を進めているマスタープランコミュニティ「ワードビレッジ」で、新たなコンドミニアム「ヴィクトリア・プレイス」の販売を開始した。



ヴィクトリア・プレイスのショールームが現地セールスセンター内にオープン

2019年12月(ハワイ現地時間)、ハワイ、ワードビレッジ内のセールスセンター内にヴィクトリア・プレイスのショールームがオープンし、初日から連日多くの来場者が訪問。

同ショールームでは、キッチンやバスルームなどの内装に触れられるだけなく、デジタルツールを用いてそれぞれの部屋からの眺望を確認することも可能だ。

ショールーム内を彩るのは、ハワイを象徴する著名アーティストによる貴重なアート作品。そしてこれらの作品はヴィクトリア・プレイスに実際に飾られる予定だ。

太平洋を目の前に臨む「最前列」のロケーションで大切な人と過ごす特別な空間



ヴィクトリア・プレイスは、Architectural Digest誌より「Best Planned Community in the U.S.」と称された60エーカー(約7万3千坪)の広さを誇るワードビレッジの中でも海最前列に位置し、眼下には雄大な太平洋が広がる。



ヴィクトリア・プレイスは約100年前にカカアコを人々が集う場所として開発したヴィクトリア・ワードに敬意を表し名付けられた。

何よりも家族や絆を大切にしたヴィクトリアの心を受け継ぎ、共用アメニティには3つの美しいプールを始め、スパやワインルームなど、大切な家族や友人と豊かな時間を過ごす事ができる様々なスペースが用意されている。



木製のゲートから続くエントランスにはハワイらしいトロピカルな植物が生い茂り、かつてホノルルにあった大邸宅にしつらえられたシークレット・ガーデンのような趣。



地上40階建て、350戸の規模を誇りながら、古き良きハワイの邸宅のように大切な人をおもてなしできる空間となっている。



世界的な建築家、インテリアデザイナー、ランドスケープデザイナーが手掛けた五感を刺激するデザイン

ヴィクトリア・プレイスの建築デザインはBen Wrigley氏(SCB Arcitects社)によって手がけられ、かつての伝統的なハワイの邸宅を思わせるクラシカルで精緻なデザイン。



内装はホスピタリティデザイナーであるAdam D. Tihany(Tihany Design)が手がけ、厳選された美しい天然素材やオーセンティックなハワイの建築様式を取り入れた五感を刺激するコンテンポラリーなデザインが随所に見られる。



さらに世界中のラグジュアリーリゾートのランドスケープをデザインしているDon Vita(Don Vita planning and Landscape Architecture社)氏をランドスケープデザイナーに起用し、かつてヴィクトリア・ワードによって作られた静かな庭園を思わせる風景が見事に作り上げられている。





ハワイを訪れた際に、チェックしてみてはいかがだろう。

公式サイト:https://www.wardvillage.com/jp

(Yuko Ogawa)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ