Official髭男dism「I LOVE…」は誰かを愛する素晴らしさを教えてくれる名曲

UtaTen

2020/1/15 19:30

2020年も大活躍の予感!



人気急上昇中の4人組バンド『Official髭男dism』。

リリースする曲のほとんどがタイアップを受けるなど、最近は引っ張りだこですよね。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の彼らですが、2020年一発目のシングル『I LOVE…』もTBSドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌に決定しました!

▲Official髭男dism 「I LOVE…」ミュージックビデオ

楽曲の内容は、タイトルが表す通りまっすぐなラブソング。

人を愛する気持ちがOfficial髭男dismならではの表現で歌われています。

まずご紹介したのは冒頭の部分です。

好きな人に出会ったことで、退屈だった日常が変化していく様子が歌われています。

単純に「出会った」と歌うのではなく、「僕が見つめる景色の中に君が入ってから」と表現するあたりが素敵ですよね。

確かに、気になり始めると相手のことをいつも目で追ってしまうもの。

そしてそんな自分にふと気がついて、「あれ、恋してる?」なんて思ったりしますよね。

この一見わかりにくいようで実は誰もが共感できる独特な表現が素晴らしいです。

「好き」って言いたいけど…



冒頭では日常の景色がガラッと変わったことで「恋してるかも」と気づく様子が歌われていました。

それに続く部分では、揺れ動く気持ちが端的に表現されています。

ここで注目していただきたいのは、「I LOVE」の後に肝心な「YOU」が入っていないこと。

つまり、「私はあなたが好きです」と完全には伝えられていないのです。

英語と日本語では表現の違いがありますが、簡単にまとめると「あの…私は…あの…」としどろもどろな状態なのではないでしょうか。

おそらく、躊躇っているのは相手に振られるのが怖いからという理由だけではないでしょう。

それよりも、「自分を受け入れる」ことへの抵抗ではないかと思います。

なぜなら、「崩れる」と表現されるほど日常がガラッと変わったわけですから。

ではなぜそんなにも日常が変化したのか。その答えはサビの部分で歌われています。

愛する人の存在がもたらしたものとは




好きな人ができると、何気ない行動も楽しく感じたりしませんか?

服を選んだり、メイクをしたり、学校や会社に出かけたり…毎日繰り返している行動も、一気にワクワクへと変わります。

つまり、崩れるほどに日常が変化した理由は、恋をしたから。

そんな風に日常を変えてしまう「好きな人」って、歌詞でも表現されているように、まさに「イレギュラー」な存在ですよね。そして「イレギュラー」な事態です。
なかなか受け入れるのは難しいかもしれませんね。

しかし、続く歌詞では次のように表現されています。



最初はワクワクについていけず、困惑することもあるかもしれません。

でも、恋をすることで初めて毎日の楽しさや充実感に気づいたりするもの。

一人では決して気づけません。

そう考えると、恋って素晴らしいですよね。

サビの最後では「I LOVE」の続き、つまり「YOU」を含めた気持ちを伝えたいと歌われているのも魅力的なポイント。

日常の楽しさに気づかせてくれた大切な存在には、感謝も込めてきちんと気持ちを伝えたいですよね。

2番以降でも、好きな人の存在による気づきや戸惑い、そしてそこから生まれた発見や感情の素晴らしさが歌われています。

「誰かを好きになるってこんなに素敵なことなんだ!」という気持ちになれますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

TEXT ゆとりーな

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ