C.C.ガールズ3 新メンバーで初イベント開催!新型無人実験機除幕式で興奮「宇宙行きたい!」

 昨年新メンバー2人が加入した新生「C.C.ガールズ3」が15日、愛知県碧南市で行われた会見に登場。新メンバー体制で初のイベント出席となった。

 2017年に芸能界初の宇宙事業開発本部を設立したオスカープロモーションと宇宙旅行を目指すベンチャー企業PDエアロスペースのプロモーションパートナー提携発表会見にゲスト参加。

 高度100キロに到達するサブオービタル宇宙機開発の前段となる新型無人実験機「PDAS―X06」の除幕式にも出席。初めて新型無人実験機を見たリーダーの中川知香(26)は「“いつか宇宙旅行に行ける日が来るかも”とメンバーで話しておりました。(PDAX―06を見て)今のうちに私の指紋を(機体に)つけたい!」とニッコリ。

 愛知県出身の竹内佐織(22)は「もっとイカツイと思ったのに、カワイイので驚きました。私は愛知県出身なのですが、新幹線で名古屋―東京を90分で往復するのと同じ時間で宇宙旅行ができると聞いて驚きました」とコメントした。

 今後、両社は「宇宙」をテーマに相互のコンテンツを活用し、宇宙エンターテインメントコンテンツの企画・開発という新領域に取り組んでいく。実験機のテスト飛行は、今年3月以降の予定で、花岡なつみ(23)は「想像していたよりも見た目がスリムで奇麗だと思いました!有人のスペースプレーンで宇宙に行ってC.C.ガールズ3全員でインスタ映え写真を撮影したいです!」と語った。

 日本テレビ「スッキリ」で活躍する阿部祐二リポーターを父に持つ阿部桃子(25)は「すごく素敵でカッコイイ!このスタイルで上空まで行くのが驚きです!夢のような話が現実にきているのかと感激です。レポーターの父と家族旅行をして『事件です!』と宇宙で叫びたいです!」と会場の笑いを誘う。

 豊田百佳(23)も「初めて見た印象はダーツの矢みたいですね。まっすぐ空に突き刺さるように宇宙へ行ってほしい!子供の頃から宇宙の本や映画をよく見ていたので、物語に出てくる夢の宇宙船か目の前にあるのでワクワクしています。早く宇宙へ行きたいです!」と実験を楽しみにしている様子だった。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ