コレサワ、全曲失恋ソング。でも明るくてポップ

UtaTen

2020/1/15 17:00

嬉しい出逢いが多かった


──ミニアルバム『失恋スクラップ』が出来あがってみて改めて思うことは?


コレサワ:このアルバムは、失恋の曲を集めたんです。重いアルバムになるのかなと思ったんですけど、そうならなかったな、と。自分が好きだった人にアレンジをお願いしたり、私は出逢いが多くて、すごく嬉しかったですね。

──失恋の曲だけにしようっていうコンセプトは、元々あったんですか?

コレサワ:まったく無かったです。普段から日常の思いとか、体験とかを曲にすることが多いんですけど、このアルバムの曲を作っている時は、なぜか、失恋ソングが出てくる時期だったんですね。途中で、「これ全部、失恋で書けるわ」ってモードになって、どうせだったらそうした方が面白いかなと。

──失恋ソングが出てくる環境だったっていうのはある?

コレサワ:自分の周りに失恋がたくさんあったし、自分も失恋について考える時期だったのかもしれないですね。好きな人と離れるっていうことを、すごく身近に感じてた時期だったっていうのもあると思います。

──今作では、本当にいろいろな方と一緒に制作されてますね。サウンド的にもすごくバリエーションがある。


コレサワ:そうですね。私とキャラもフィールドも違う人たちばかり。でもすごくリスペクトしてる人達ばかりなんですよ。例えば、Helsinki Lambda Clubは、男の人の女々しさを感じる歌詞だったり、エネルギーを感じる楽曲ばかりで、前からとても好きだったし、いつかはアレンジしてもらいたいなというのがあったんです。

で、彼らには1曲目の「Day by Day」って曲のアレンジと演奏をお願いしたんですけど、この曲の持っている自分の個性と、Helsinki Lambda Clubをかけ合わせたら私の想像できないものが生まれるんじゃないかなと思ったんですよね。彼らは、洋楽とかもかなり聴いているバンドだから、陰湿にならないポップで、弾けたサウンドになったらいいな、と。そしたら、ギターフレーズも彼ららしいものを入れてくれて、すごく嬉しかったです。

──「Day by Day」について、Helsinki Lambda Clubの方は、何かおっしゃってましたか?

コレサワ:ミックスの時に「いい歌詞だね」って、言ってもらいました。褒めてもらえるとやっぱり嬉しい(笑)。

この人を幸せにする


──「Day by Day」の<私が幸せにしたかった>ってフレーズが印象的でした。これってコレサワさん含めて、周りの方はそんなこと言ってます?


コレサワ:これは結構、私の個人的な気持ちが入った部分なんですけど。今のご時世、お金持ちの人と結婚したいとかいろいろあると思うけど、私は女の子が男の子を幸せにするっていう考え方がいいなと思ってるんです。

私はこの人のことを愛してあげたいとか、この人のことを幸せにしてあげたいと思えるような人と出逢った時の方が嬉しいんですよ。この人に愛されたいとか、この人に幸せにしてもらいたいとかっていうより、この人を絶対に幸せにするって気持ちの方が、ときめくんです。だから出て来た歌詞。

──なるほど。大きい違いですよね。例えば、その恋愛が終わっても、自分の人生があるっていう意志が見えてくるというか。

コレサワ:そうですよね。男性に寄りかかってると、恋愛がなくなっちゃった時に、すべてがリセットされちゃう。そういう友達もいますし。同棲して別れちゃって、家がなくなっちゃって、みたいな。そんなの絶対に私は嫌なんですね。自分が中心にいたいっていうかね。わがままかもしれないんだけど(笑)。

──いえいえ。自分の生活の中で、恋愛はどういうポジション?


コレサワ:私、結構、恋愛がすべてなんですよね(笑)。

──え、そうなんですか(笑)。

コレサワ:でも自分が芯になって生きていきたいのも強いんです。

──両方か!両方、欲しいのか(笑)。

コレサワ:はははは(笑)

──でも誰でもそうだと思いますよ。さて、話を戻しましょう。今回の作品は、先ほどおっしゃったように、失恋がテーマ。一般的には、失恋って、ナイーヴ、ネガティヴ、あとサウンド的にはどうしてもバラード……ってイメージがあるけど、このアルバムは印象がまったく違いますね。

コレサワ:そうですね。

どちらかといえばパンク


──そういう意味では、すごく斬新なアルバムだと思ったんです。そこで、コレサワさんの失恋のイメージを伺いたいな、と。

コレサワ:失恋って、めっちゃ辛いですよね。私も泣きじゃくった日々とかありましたけど、今思えば、自分が前向きになるきっかけというか。失恋って暗い失恋ばっかりじゃなくて、やっと別れられた、みたいな失恋もあるじゃないですか。

──ありますね。「あぁ、これで前に進める」と思えるような。

コレサワ:ですよね。失恋することで、自分の重荷がとれたりすることもある。だから悪いことばかり、ネガティヴな要素ばかりじゃないなってことも感じていた。だから、今回のミニアルバムも、なるべく暗くならないように、なるべくポップにっていうのはありましたよね。

──曲の中にヒロインはいるけど、でも、悲劇のヒロインになっていない。そこが他の失恋ソングとは違うのかなとも思いました。

コレサワ:女の子って、失恋しても悲しむけど、意外と次の道筋をちゃんと考えてるっていうか。しっかり次を見つけるじゃないですか。そういう意味では、意外と女性って強いと思うから。私もそうですけど、失恋をバネにみんな頑張って生活してるんじゃないかなと思うんですよ。

──その強さを、例えば……キュートだとか感じることはあります?

コレサワ:キュートっていうよりは、どっちかっていうとパンク。反骨精神じゃないけど、辛いこともバネにして幸せになってやる、みたいな。人生1度きりだし、くよくよして人生終わるよりは、笑いながらハッピーに生きていた方が楽しいと思うんです。私自身、男性に頼って生きている女の子よりは、自分で立って生きている女の子の方が好きだから。今回も、そういう性格の主人公が多いんだと思います。

──なるほど。

▲コレサワ「最後の彼女になりたかった」【Music Video】

悩むなんて辛気くさい



コレサワ:私、とことん病まないから。曲を聴いてくれた方から、メンヘラって言われることも結構ありますけど(笑)、私自身は悩んでるなんて辛気くさいって思っちゃうタイプなんですね。

だから、そんなにじめじめした歌詞は出てこないし、書きたいと思っても書けないかもしれない。だからどこか前向きになったり、辛いことにも感謝しちゃったりするんです。でも、どろっどろの歌詞とか書いてみたいですけどね(笑)。呪いみたいな歌、書いてみたい(一同笑)。

──はははは(笑)。自分の身に起こったいろんなことを糧として受け入れる……みたいな意識があるんでしょうか?

コレサワ:あぁ、時間を元に戻すことって出来ないじゃないですか。だから受け入れるしかないなっていう。そういうスタンスなんだと思う。

──あぁ、なるほど。半分、開きなおりに近い。

コレサワ:そうですね。結局、今まで生きて来て、失恋も含めて辛いこともいろいろあったから、今の自分が在ると思うと「なんかいいやん、ありがとう」って思うんです。もしこれが違う環境で生きてきていたら、今、音楽やっているかもわからないし。だから、今まで生きてきた中で受けてきたことに、全部ありがとうって思うんですよね。

理想の男性像?


──3曲目の「恋人失格」はセルフカバー。男性目線での歌詞ですが、これはどういう気持ちで書きました?


コレサワ:願望ですね。自分の彼氏にはこういう態度でいて欲しいとか、こういうこと言って欲しいとか。特にお菓子食べてる時に食べ過ぎって言われるよりも、笑ってみていてくれる方がいいなとか。

──実際にこういう人が現れたら、本当に好きになりそう?

コレサワ:あぁ……そういうところって、友達の段階では見れないと思うから、付き合ってみないとわからないですよね(笑)。でもなんか……こう……肌に触れたらわかるというか……。

──あぁ、わかります。肌が触れることを想像できない人とは、いくら気が合っても恋愛対象にならないってパターンあります。あと、ご飯を一緒に食べたりするとわかるかも。

コレサワ:元々もってるパッションっていうか……空気感が合う人がいいな、と。すごく感覚的なんですけど(笑)。

恋心は生きている


──しかし、どうして、人間は恋愛に翻弄されるんでしょうね。頭ではわかっているけど、心がついていかない……みたいな状態が、多々ありますし。

コレサワ:ありますよね。恋心って、自分で決められないじゃないですか。好きな人をいきなり嫌いになることなんて出来ないし。恋心も生きてるから。気持ちは生きてるんですよ。だからそれを人間がどうこう出来ることじゃないなと思ってますね。

──なるほどなぁ。自分とは別の生き物だから、自分でコントロール出来ない。それが恋心、か。


コレサワ:そう。だからやっかいだし、こんなに曲が出来ちゃうんだと思うんですよね。その恋心がいつか終わる日も来るし、逆に愛に変わる日も来るから。

──それを断ち切るのか、一緒に生きていくのかって選択して決めることで、前に進めるってことなんだろうね。

コレサワ:断ち切ったり、決断して前に進むってすごく強くないと出来ないと思うんです。だから、聞いてくれる人にとって勇気がわくような曲になったらいいなと思いますよね。

あと、いつの間にか忘れるじゃないですか、辛かった恋も。だからズーンと悲しむことも大事だと思う。そういう中で、次への決断の手助けになるような曲が、7曲入ってるのが、今回の『恋愛スクラップ』かな、と。楽曲もバリエーションに富んでいると思います。

「気持ち」を提供したい


──このアルバム聴いて、失恋するの、怖くないなっていうか。嫌なことじゃないなって思うことが出来たかもしれません。

コレサワ:ははは(笑)。良かったです。例えば、最近、ちょっと恋愛から離れてて、失恋もしてないって人も結構いると思うんですね。そういう方が、センチメンタルな気持ちを求めるときもあるかもしれない。

傷つけたり、傷つけられたりをした事がない人や、恋愛したこと無い人もいると思う。そういう人達に、このアルバムで、センチメンタルな気持ちを少しでも提供出来るなら、音楽としていいことだな、幸せなことだな、と思います。

──センチメンタルって、すごく個人的な感情だと思うんです。生きて来た歴史によっても違うし、その時の環境やスタンスによって、センチメンタルを感じるものって、個人個人で本当に違ってくる。そういう個人的な感情を音楽で刺激したいと思う?

コレサワ:例えばコンビニでもどこでも「気持ち」は買えない。でも音楽は、楽しい気持ちとか、センチメンタルな気持ちとか、気持ちを得られるツールだと思っているんです。

例えば、センチメンタルな気持ちになったことが無くても、その音楽を聴いてセンチメンタルな気持ちになったりする。今回のアルバムで言うとセンチメンタルな気持ちを提供できてたらいいなと思います。

──なるほど。そっか、気持ちの共有じゃなくて、気持ちの提供、か。コレサワさんの今回のアルバム聴いて、共感の強要がないのが、すごく個人的には心地よくてフラットに聴くことが出来る作品で、素晴らしいなと思ったんです。


コレサワ:前は共感についてめっちゃ考えたんです。経験したことがある人が聴いた時に共感できる曲を……って思って作ってたんですけど、最近は経験したことが無い人も、経験した気になるような曲の方がいい曲なんじゃないかって思ってきていて。

今回は、失恋したことが無い人でも、失恋したような気持ちになるような曲になったらいいなと思いながら作った部分はありましたね。

──へぇ。それはあまねく人にもっと聴いてもらうためには……って気持ちもあった?

コレサワ:そうですね。コレサワをもっとたくさん人に聴いて欲しいってのはありましたね。今は音楽が好きな人とか、耳が早い人は、コレサワを知って聴いてくれているけど、お茶の間まで広まって欲しいなと思うから。

──2020年3月からスタートするツアーも決まってますね。

コレサワ:バンドで回るツアーなので、今からすごく楽しみで。はっちゃけたポップな内容にしたいなと思ってるんです。弾き語りとは違ったコレサワのライブをたくさんの人に楽しんで欲しいなと思ってます。


TEXT 伊藤亜希
PHOTO 愛香

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン色紙をUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTen(@UtaTen_idol)とライブUtaTen(@LiveUtaTen)のTwitterアカウントをフォローをします。(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

▼UtaTen
Follow @utaten

▼ライブUtaTen
Follow @LiveUtaTen

Tweet

【応募締め切り】
1/26 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ