ジープ 限定車「ラングラー・アンリミテッド・ウィリス」発売

オートプルーブ

2020/1/15 19:00

FCAジャパンは2020年1月14日、「ジープ・ラングラー」に、ジープのルーツであり、SUVの先駆けとなった「ウィリスオーバーランドCJ-3A」にインスピレーションを得た限定車「ラングラー アンリミテッド・ウィリス」を設定し、2月8日から300台限定で販売すると発表した。

■モデル概要「ラングラー・アンリミテッド・ウィリス」の着想の原点となったウィリスオーバーランドCJ-3Aは、1948年に発表され、それまで軍用車として認知されていたオフロード車を、民間用として広く普及させたモデルだ。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});幅広いユーザーにオフロード車による冒険の楽しみを具現化したことから、「SUVの父」と呼ばれている。また、CJ-3Aはその先代モデルにあたるCJ-2Aに対して、エクステリアに手が加えられるとともに、トランスミッションやリヤアクスルなどのメカニズムが強化され、よりタフな走りを実現。

この限定車はそうしたCJ-3AのDNAを受け継ぎ、専用エクステリアパーツやオフロード性能を高める装備が採用されている。

エクステリアは、ブラック仕上げの専用グリルやグロスブラックの17インチ・アルミホイール、エンジンフードの「WILLYS」デカールやリヤゲートの「4WHEEL DRIVE」デカール、マットブラックのJeepバッジなどにより、ベース車(アンリミテッド・スポーツ3.6L)との差別化が図られ、アクティブな外観となっている。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});また、岩場などで車体下部を衝撃から保護するロックレールや、タイヤの空転を抑制しトラクション性能を高めるアンチスピン・リヤデファレンシャル、ハードコアモデルの「ルビコン」と共通のダイナ社製M220リヤアクスルを搭載し、厳しい環境下でも高い走破性を実現する。

ボディカラーは、ベース車には設定のないスティンググレーC/C(限定200台)と、ブラックC/C(限定100台)の2色が設定され、内装色はいずれもブラックとなる。

■【価格】・ジープ ラングラー・アンリミテッド・ウィリス:521万円(税込み)

Twitter:https://twitter.com/autoprovenetfacebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

ジープ ラングラー 関連記事ジープ 関連記事ジープ 公式サイトFCA 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ