羽鳥慎一「日本アカデミー賞」の司会に決定 「うれしさとともにプレッシャーに襲われた」

テレビファン

2020/1/15 17:08


 「第43回 日本アカデミー賞 優秀賞発表記者会見」が15日、東京都内で行われ、正賞15部門の各優秀賞や、新人俳優賞などが発表された。男性司会者は、フリーアナウンサーの羽鳥慎一、女性司会者は前回『万引き家族』で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラが務める。

「最優秀作品賞」の選出候補となる「優秀作品賞」に選ばれたのは、『キングダム』『新聞記者』『翔んで埼玉』『閉鎖病棟-それぞれの朝-』『蜜蜂と遠雷』の5作品。

2014年から6年連続で司会を務めた西田敏行からバトンを受け取る形となった羽鳥は、日本テレビ時代に、同授賞式でのインタビュアーを何度か経験している。

「私の仕事の担当枠として、実は俳優さんとお会いする機会があまりなくて(過去の)授賞式では非常に緊張した覚えがあります。なので、今回お話を頂いたときはうれしさとともにプレッシャーに襲われまして、今も非常に複雑な思いです」と率直な思いを語った。

とはいえ「映画は非常に好きでよく見ている」といい、「(当日は)たくさんの笑顔で包まれる式となるよう、微力でありますが貢献させていただけたら」と意気込みのコメントを。

「以前担当したときは、俳優の皆さん、口数が少なめで正直大変でしたが(今回は)リラックスした俳優さんのコメントを引き出したい」とし、「先程資料で優秀助演男優賞の中に、岡村隆史という文字を見つけてすごく安心したので、ここを一つ“休憩場所”にして、あとは緊張感の中、頑張っていきたい」と笑わせた。

安藤は、第40回授賞式でも司会を担当した。「初めての司会のときは『なんて特別な時間なんだ』『これは特等席だな』と思いながらやらせていただいた。2回目だからと気が緩まないよう、より緊張感を持って、受賞者の方にとって、すてきな時間となることを一番に考えてやらせていただきます」と言葉に力を込めた。

授賞式は3月6日に開催。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ