小泉進次郎氏の育休取得に期待の声多く 「育休を取れない社会の空気を変えてほしい」

妻でフリーアナウンサーの滝川クリステルが近く出産することから、環境大臣の小泉進次郎議員は15日の環境省での会合で、第1子誕生後の3か月間のうちに育児休暇を2週間ほど取得することを明らかにした。その後に更新したオフィシャルブログでは、育休取得について自身の思いを綴っている。

元衆議院議員でコメンテーターの宮崎謙介氏は昨年9月、自身のブログで小泉進次郎議員が育児休暇を検討していることについて持論を述べていた。タレントとの不倫疑惑が報じられなければ“男性議員の育休第1号”となったはずの宮崎氏は、「男性の育児休業制度」について精通している。宮崎氏によると現在の日本の「育児休業制度」は全国民に等しく与えられているものではなく、企業勤めをしている会社員の方々に対してのみ整備されている制度だということ、国会議員の育休というものは「本来はなじまないもの」であるとしている。さらに国会の本会議や委員会出席が最も重要な仕事である国会議員は、時間が自由にやりくりできるので「育休を取得する」と宣言しなくても子育てできる環境だという。加えて環境省職員を率いる環境大臣という立場であることから、重要な公務を抱えていることを考えると「(育休を)取ることは難しいのかもしれない」というのが当初、小泉議員自身の考えであった。

しかし15日のオフィシャルブログによると、彼のもとには「育休を取れない社会の空気を変えてほしい。そのためにも小泉大臣に育休を取ってほしい」との声が多数寄せられ、環境省内からも「職員が育休を取りやすいように、イクボス宣言してほしい」と言われたそうだ。これらの声を踏まえて熟考した結果、「公務に支障をきたさないこと」「危機管理を万全にすること」を条件に育休を取ることを決めた。「最も母親の負担が大きいと言われる出産から3か月間のなかで、“2週間分”取得したい」としている。

日本全体が「働き方改革」を推し進めるなかで、環境省は自ら率先して実践していく存在でありたい―とこの日のブログを締めた小泉進次郎議員。「小泉議員だからこそのパフォーマンス力で、日本での育児休業制度の確立を目指して欲しい」と宮崎謙介氏も願っており、ツイッター上でも「厳密には育休ではないように思うけど、空気を変えるってのは大事だよね」「期間は短いし“パフォーマンスだ”という批判もある。しかしパフォーマンスから社会は変わる」「小泉進次郎さんの育休取得で男性が育休を取りやすくなるといいな。期間が短いとかどうせ仕事するんだろとかいろんな声があるけど、関心が集まってていいなと思う」と期待の声が多く見受けられた。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ