中島美嘉の舞台パリ公演“突然中止”に憤怒の声…囁かれる裏事情

まいじつ

中島美嘉 
(C)まいじつ 

歌手で女優の中島美嘉が主演を務める舞台『イノサンmusicale』のパリ公演が突如中止となり、ファンをざわつかせている。

同舞台は『週刊ヤングジャンプ』で2013年第9号から2015年第20号まで連載されていた人気漫画作品を舞台化したもので、原作となったコミックの発行部数は150万部にも上っている。

公式サイトでは、「このたび、2020年2月9日に上演を予定しておりました『イノサンmusicale』のパリ公演を中止いたしますことをご案内いたします。(中略)パリ公演を楽しみにしてくださったお客様および東京公演をご観劇いただき本作品に携わってくださったお客様皆様に心より深くお詫び申し上げます。本結論に至りますまでに時間を要し、ご案内が遅くなりましたことを重ねましてここに深くお詫び申し上げます」と公演中止の知らせがアップされているが、理由については触れられていない。

パリ公演に関してはJTBがオフィシャルツアーを組んでおり、すでに昨年11月1日からチケットも販売されている。申込者は、

《え、今さら中止。もう休み取ってあるんだけど…》
《さすがに1カ月切ってからの中止発表はヒド過ぎないか?》
《1カ月前ってキャンセル料発生するよね。何でもっと早くに知らせてくれないんだよ》
《ふざけんな! フランス旅行もかねて楽しみにしていたのに》

など、阿鼻叫喚状態になっているようだ。

非難轟々だが安堵の声も


「とにかく先に金だけ集めて見切り発車していたのでしょう。思ったより客が集まらず、中止にせざるを得なかったようです。ネット上では『そもそも、なぜわざわざパリで開催するのか意味不明』という厳しい意見まで上がっています。漫画を原作にした〝2.5次元舞台〟では、原作に強いこだわりを持っている客が多いことでも知られています。その点、主演の中島美嘉の演技力や、原作にないシーンが取り入れらていることで、脚本家と演出家にも非難の矛先が向いています。もはや、プロデューサーの制作能力が疑われるような状況になっていますよ」(芸能記者)

主演の中島美嘉は自身のインスタグラムに衣装を着た姿を投稿し、並々ならぬ舞台への意気込みを見せていたが、すでにファンからは苦笑が漏れているという。

日本公演の内容も賛否両論があり、「わざわざ他国で恥をかかなくて良かった」などと、むしろ安堵の声も上がっている。あまりのオソマツぶりに、今後、日本で再演される場合にも何らかの影響がありそうだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ