『龍が如く7 光と闇の行方』が「名代 富士そば」とコラボ! あの人気メニュー「赤富士そば」が期間限定復活中

ガジェット通信

2020/1/15 13:30



1月16日の発売を前に、PlayStation 4対応ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』の周辺が盛り上がりを見せている。

先週末の1月11日(土)からは2種のテレビCMが放映開始。また本日1月15日(水)20時より公式生放送「PS4『龍が如く7』発売前夜祭SP」と題して中谷一博さん、黒田崇矢さん、宇垣秀成さんといった声優陣がYouTube LIVE、Periscopeで実況プレイを配信。

さらにリアル店舗とのコラボ企画として、「名代 富士そば」全店にてコラボメニュー「赤富士そば」が発売中だ。コラボ期間中は、各店においてコラボ企画オリジナルデザインのタペストリーが掲出される。

「赤富士そば」は、『龍が如く』シリーズ過去作品発売の際にも期間限定販売され人気を博したコラボメニュー。富士そばの定番人気メニュー「肉富士そば」のお肉に、辛味スパイスの味噌ラージャンと一味唐辛子を追加。旨辛の刺激的な味わいが特徴で、『龍が如く』シリーズファンはもちろんのこと、未経験者でもあっても思わず食欲をそそられるメニューだ。

販売価格は、コラボ記念価格の560 円(税込み)。販売期間は、1月5日(日)~1月31日(金)までとなっている。



ちなみに『龍が如く7 光と闇の行方』は「名代 富士そば」以外にも「カラオケ館」「いきなり!ステーキ」「DARTSLIVE」とジャンルを横断したコラボを実施しているので気になる方はチェック必須だ。

『龍が如く7 光と闇の行方』とは



『龍が如く7 光と闇の行方』は人気アクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの最新作。主人公が桐生一馬から春日一番へと変わり、メインとなる舞台も「新宿・神室町」から「横浜・伊勢佐木異人町」へ。さらに今作ではゲームジャンルも、これまでのアクションアドベンチャーゲームからドラマティックRPGに変更。ゲームジャンルの変更に伴い、仲間と共に成り上がっていく人間ドラマや新ゲームシステム「ライブコマンドRPGバトル」といった新たな挑戦が注目を集めている。

『龍が如く7 光と闇の行方』セガ公式サイト:

http://ryu-ga-gotoku.com/seven/

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ