恋愛市場を冷静に分析! 「恋愛マーケティング」でモテをつかむ方法

yummy!

2020/1/15 14:30


恋愛市場を冷静に分析! 「恋愛マーケティング」でモテをつかむ方法

先日、マーケティング職に就いている男性と接する機会があり、その素晴らしさにクラクラしてしまいました。数字に強く、分析力に長け、客観的な視点をもつ「マーケティング男子」は、もちろん仕事もできますが、そのマーケ力を恋愛にも存分に生かしているのです。
彼らに聞いた、恋愛市場を見極める「恋愛マーケ力」をご紹介します。
「マーケティング」は恋愛市場の分析にも応用できます。好きな人から好かれない、恋愛に積極的になれない、と悩んでいる女性は、マーケティングの視点で恋愛を見てみましょう。

目次


恋愛マーケティング術その1:「分析」を正確にする



商品の強みと弱みを、綿密な分析によって洗い出すのがマーケティング。
恋愛では、瞬時に相手の強みと弱みを分析し、それに合った自分を的確に演出。すると、自然と相手から好かれるようになります。

恋愛マーケティング術その2:「問題点」の洗い出しをする



商品が売れない理由や課題を見つけ、解決の方向へ導くのがマーケティング。
恋愛では、自分が相手にウケていないわけや改善点を見つけ、それに合った対応を行います。すると、相手に注目してもらえるのです。

恋愛マーケティング術その3:「歴史」を大切にする



過去の傾向を「経験」として価値を置き、データとして扱うのがマーケティング。
恋愛では、これまでの成功体験を思い出し、それに基づいて動きましょう。すると、あまり失敗することはありません。

恋愛マーケティング術その4:「顧客」に関心をもつ



商品を買ってくれる人のこと(ターゲット)を、徹底的に知るのがマーケティング。
恋愛では、相手のことを理解すべく、興味関心をもって接しましょう。すると、相手に合わせた行動に出ることができ、なんとなく「気があう」という下地を作れるのです。

恋愛マーケティング術その5:「需要と供給」を理解する



需要と供給のバランスを意識して、きちんと一致させるのがマーケティング。
恋愛では、自分はどんな層の男性に受けるのかを考えます。すると、自分の売りたい市場(男性)に、効果的に参入できるのです。

恋愛マーケティング術その6:「コンセプト」を明確にする



全体を貫く基本的な概念である「コンセプト」が非常に重要なのがマーケティング。
恋愛では、自分に合ったキャラを的確に設定しましょう。すると、相手に自分の売りが伝わりやすくなります。

その7:「戦略」をもつ



競合に対して自身の優位性を保つために、戦略が必要不可欠なのがマーケティング。
恋愛では、他の女子との「差別化」を図りましょう。すると、相手から「こんな子は初めて。他の子では代用できない」と思ってもらえます。

恋愛マーケティング術その8:「数字」に強くなる



日々、たくさんの数字と格闘するのもマーケティング。
恋愛では、数字に強く、まっとうな金銭感覚であることをアピールしましょう。すると、相手から結婚向きなしっかり者女子だと認識されます。

恋愛マーケティング術その9:「検索」をする



資料となる情報を徹底的に集めるのがマーケティング。
恋愛では、相手について知るための情報をリアル・Web関わらず検索しましょう。すると、相手を落とすために有効な情報を手に入れられます。

その10:「ストーリー」を生み出す



顧客の購買意欲を誘うために、販促ストーリーを生み出すのがマーケティング。
恋愛では、運命っぽさや盛り上がり感などを演出します。すると、相手も恋愛にノってくれて、自然とうまくいきます。

恋愛とマーケティングは一緒!



「相手のことを知らないと、恋愛はうまくいかないよ。恋愛とマーケティングは一緒だよ」と、私を夢中にしてくれたマーケティング男子は話していました。つい、いろんな角度からマーケティングされたくなってしまう……!
あなたもぜひ、恋愛マーケティング術を使って、戦略的に恋愛を楽しんでみては?
(yummy!編集部)


公開日:2013年1月19日
更新日:2020年1月15日



当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ