清野菜名と松坂桃李『耳をすませば』実写化 高橋一生がトレンド入りのワケ

fumumu

2020/1/15 14:00


高橋一生

ジブリの大人気映画『耳をすませば』が実写化することが決定しました。そのキャスティングが話題になっています。

■ジブリの恋愛映画が実写化


中学生の読書好きな少女・月島雫とバイオリン職人を目指す少年・天沢誠司の青春恋愛物語『耳をすませば』。甘酸っぱい、そして切ない少年少女たちの恋愛模様に胸を何度もときめかせた人も多いのでは。

地上波で放送されるときは、ネット上では必ず話題に。幅広い世代に愛されている作品です。

そんな大人気作品が実写化!主人公の月島雫を清野菜名さん、天沢誠司を松坂桃李さんが演じます。



この実写映画版では、原作の中学生のころを再現した「あの頃(過去)」とオリジナルストーリーとなる「10年後(現在)」で構成されるとのこと。感動的なシーンで終えたジブリ映画版。

ファンの人も、「あの後の雫と誠司くんはどうなったのか!?」と気になっている人も多いことでしょう。10年後、二人はどのような大人と成長しているのか楽しみですね!

関連記事:高橋一生の音声ガイドで声を独り占め! 『ルーヴル美術館展』今月から

■2人ともピッタリ!


雫役に清野菜名さん、誠司役に松坂桃李さんというキャスティングに「2人ともぴったり!」「このコンビは尊い」と後押しする声が殺到しています。

清野さんの清楚で純粋な雰囲気は、まさに読書が好きで小説家を目指す雫そのもの! そして松坂さんの爽やかなルックスは可憐にバイオリンを弾き、作る誠司くんのイメージにピッタリ!

「コンクリートロードの下りはどのように再現されるのか」「清野さんの『やなやつ、やなやつ!』を早く聴きたい!」とアニメの名シーンがどのように再現されるのか、ファンは期待に胸を膨らませています。

10年後…どんな大人になっているのか、2人の仲はどうなっているのか、夢を叶えることができているのか…この目に見ることができるなんて! 「公開まで待ちきれない!」という声がネット上では相次いでいます。

高橋一生じゃないんだ…


ベストキャスティングと絶賛する声が多い中、「天沢誠司くん、高橋一生じゃないんだ…」という声も。というのも、高橋一生さんはアニメ『耳をすませば』で天沢誠司くんの声優を務めていました。

当時、高橋さんは14歳。この映画の収録の直後に声変わりをしたというエピソードも残っています。声変わり前の高く、かわいらしい高橋さんの声を聴くことができると一時期話題に。

高橋一生=天沢誠司というイメージが根付いているファンも多いようで、『耳をすませば』の実写化が発表された際、Twitterでは、出演者ではない高橋さんの名前がトレンド入りするほど。

今回実写化するにあたり、高橋さんが天沢くんを演じないのは一部のファンにとっては残念なことです。天沢くんの役でなくても、何かの役でこの映画に参加してほしいですね!

公開は9月18日。厚い夏が終わり、爽やかな風が吹き始めた季節ですね。きっと新しい『耳をすませば』が見られることは間違いないはず。清野さんと松坂さんがどのように自分たちの役を表現してくれるのか。公開日が待ち遠しいですね!

・合わせて読みたい→ドラマに映画に幅広い役柄をこなす、佐藤健の好感度は?

(文/fumumu編集部・吉田あやの)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ