加藤シゲアキ&小山慶一郎、「ジャニーズカウントダウン」秘話語る


NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキが、14日深夜に放送されたラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送/毎週火曜24:05~24:30)で、昨年末の『ジャニーズカウントダウン2019-2020』(フジテレビ系で生中継)の裏話を披露した。

当日の様子について小山が、「『ジャニーズカウントダウン』あるあるで、ケータリングの場所で普段話さない人たちと話すってあるよね。俺は今回、亀ちゃんと山Pの3人でしゃべったな」と話すと、加藤も、「ケータリングでご飯食べてたら、中島健人が来て思わず話し込んでしまった」と、後輩との交流エピソードを紹介。

以前、中島から「怖いんです」と言われてしまったという加藤は、「『俺は基本的にローだから』って言ったら、小山さんが『グイグイ行かないとダメだ』って。それがあって、ケータリングで会ったときにすごい話しかけてきて。年明けにジムで会ったときも、『シゲくん、お疲れっす!』って肩もんでくるの」と、小山のアシストで中島から慕われるようになったことを明かした。

また、リハーサルのときには、メンバーの手越祐也のもとへ、あるJr.が「手越くんに憧れてます!」と駆け寄ってきたそう。加藤は、「なんだ、この告白みたいなのはって。かわいらしいなと思ってみてたんだけど、小山さんが割り込んでいって、『手越のどこが好きなの?名前なに?手越、覚えた?』って。なんでしゃしゃり出てくるの?」と苦笑するも、小山は、「手越やシゲを慕ってくれてるとか、うれしくて。ニコニコして見てたよ」とメンバー思いの一面を見せていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ